インターネットはあらゆるところで、実験しているので、男子ハックも実験中です

2010年12月19日 シェア数 アイコン 1

インターネットはあらゆるところで、実験しているので、男子ハックも実験中です
インターネットってでかい実験装置に思えてくることがあります。皆さん、試行錯誤、トライアンドエラー。世の中のウェブサービス、ECサイト、検索エンジン、そして僕らのブログも試行錯誤の毎日です。

ECサイトが実験中

ECサイトであれば、どれだけの人が自分のサイトに来てもらえるか、そして買ってもらえるか、が非常に重要なことですよね。そのために、色々なサイトに広告を貼ったりします。できるだけ、注目される良い広告を作りたい。なので、何種類も広告を準備しました。では、用意した広告のどれが一番良い広告が、判断できるでしょうか。

こういった時インターネットは「とりあえず全部出してみる」ということをします。ABテストと呼ばれるのですが、これがどうやらスゴイらしく、下記の記事で紹介されています。

C-teamで作るバナー広告の効果がスゴすぎてひいた話 – ロケスタ社長日記 @kensuu [b_hatena href=”http://blog.livedoor.jp/kensuu/archives/50783668.html”]

「良いもの」を判断ときにABテストが強力にサポートしてくれます。

検索エンジンも実験中

検索エンジンの使いやすさって非常に重要だと思うんです。1秒でも早く、探している情報にたどり着きたい、そのためのツールですから。GoogleもYahoo! JAPANも最近、検索結果画面に変更を加えています。利用しやすくなったのでしょうか。


・Googleの場合:「Instant Previews」機能を追加


Yahoo! JAPANの場合→画面幅の変更

こういった変更を行う前には、試用で利用してもらったりとテストを行っていることが多いでしょう。GoogleもYahoo!も実験サイトを持ってます。

そして「男子ハック」も実験中

僕らのブログも日々試行錯誤を繰り返しています。よく書けている記事から、あまりパッとしない記事まで取り揃えています。より多くの人に見てもらうためには「広告」であったり、「デザインの最適化」が必要なのです。せっかく来ていただいた方がバックボタンで帰ってしまうようなサイトではダメですから。

現状では、「Google Analytics」を利用して、どんな記事に人気があったのかや、どんな検索キーワードで来ていただいているかをチェックしています。記事を書いて→反応を見る。実験ですね。

そして、これと同じくらい大事だと思っているのは、「読者の生の声」を聞くことです。今のところは、知人に見てもらうようにして、改善行っていますが、このサイトを育てていくためには、多く方のご意見が必要かと思っているので、皆さんの記事リクエストやご意見は是非、こちらまで>>男子ハックについて(お問い合わせフォームがあります)


画面幅の変更