topへ戻る

JR山手線の電車で「忘れ物」をした時に当日中に見つかる可能性を上げる方法

Train tracks in rural area.

1年前の出来事ですが、山手線の網棚に旅行用カバンを忘れたことがありました。まずかったのは、そのカバンに家のカギが入っていて、結局その日に取り戻すことができずに、大変な思いをしたことがあります。忘れ物をしたら、必ず、、、

忘れた!と思ったら必ず、「正確な発車時刻(または車両ナンバー)」と「○両目」をチェック

これは絶対です!忘れ物が当日中に見つかる可能性がグッと上がります。忘れ物に気がついたら、「正確な発車時刻(または車両ナンバー)」と「○両目」を覚えておきましょう。

当たり前ではありますが、この情報を元に、駅員さんに相談すると、駅と駅で連絡をとってもらえ、調べてもらうことができます。

しかしながら、僕は、これらの情報を正確に覚えていなかったために、当日中に見つけることができませんでした。

忘れ物捜索の流れ(僕の場合)

1日目

  1. JR目黒駅の駅員さんに相談
  2. 大崎駅で問い合わせ→見つからず
  3. 池袋駅で問い合わせ→見つからず
  4. 一周してきた電車を自分で確認→見つからず
  5. 遺失物の申請書のようなものを記入
  6. 諦めて帰宅
  7. (夜、清掃員が落し物を発見していれば「東京駅お忘れ物取扱所」へ)

※ちなみに終電の清掃で発見されて、「大崎止まり」の電車が多いので、東京駅お忘れ物取扱所へ行くパターンが多いようです。(上野駅にもお忘れ物取扱所有り)

2日目

  1. [JR東日本お問い合わせセンター]へ電話(050-2016-1601)
  2. 「東京駅お忘れ物取扱所」に行く
  3. 用紙を記入し身分証を提示
  4. 無事忘れものをゲット!

3日目(もし2日目20時までに取りに行けてなかった場合の流れ)

  1. 遺失物として、警察に届けられる
  2. 警察に取りに行く

つまり、1日目にダメでも2日目中に東京駅に取りに行ったほうがよいようです。3日目になるとJRが警察に届けてしまうので、受け取りが面倒になるようです。

忘れてしまった人の助けとなれば嬉しいです。でも、その前に、皆さんも電車内の忘れ物には気をつけましょう。また、忘れ物をしたとしても、その荷物の中に家のカギを入れておくことのないようにしましょう。大変ですので。

困ったときはこちら


みなさんも気を付けましょう。

[amazon asin="B0031WG3Z0" /]

関連する記事

関連するカテゴリ

Facebook

お知らせ

メール配信はじめました。
新着記事をすぐにお届け、速報記事を見逃さない!スマホのメーラーでも快適閲覧!
ご登録はこちら

ランキング