iPadでノマド環境をつくるためにはオリガミワークステーションを買おう

2011年6月21日 シェア数 アイコン 77

iPadでノマド環境をつくるためにはオリガミワークステーションを買おう
iPadはノマド向けじゃない?そう思っていましたが、オリガミワークステーション購入後、考えが変わりました。ワイヤレスキーボードと最適な画面の角度があれば、iPadでも快適に文章とか書けます。この2つをクリアするためには、オリガミワークステーションがベストです。

ノマドとは

ノマド:北アフリカの砂漠や中央アジアの草原で、羊や牛を追って生活している遊牧民。最近では、「オフィスのない会社」「働く場所を自由に選択する会社員」といったワークスタイルを実践している人々の意味でも使われる。

僕の中では、スタバなどのカフェでPCいじっているイメージです。

ノマド失敗例1:画面の角度が足りない

僕はiPad(旧型)を純正ケースにいれて利用しています。角度がつけられて便利なのですが、この角度がクセモノです。なんかちょっと足りない・・・。

IMG_1971

ノマド失敗例2:キーボードが小さすぎる

長い文章をなどをカフェなどで書こうと思ったら、物理キーボードは必須です。ということで、ノマドしたくて買った、ELECOMのモバイルキーボード。「軽いからいつでも持ち歩けるじゃん」とテンション上がっていたのですが、実用的ではありませんでした。キーピッチが狭すぎて・・・。

IMG_1984

Bluetooth(R) ワイヤレスフルキーボード(コンパクトサイズ) – TK-FBP013EWH

オリガミワークステーションを買おう

画面の角度をクリアしつつ、Mac純正のキーボードカバーになる、オリガミワークステーション。これ便利ですよ。ブログを巡回していたら見つけました。

IMG_1962

ケースはこんな感じ。横の長さは30cmぐらい。使い方はオリガミみたいに・・・

IMG_1983

IMG_1975

IMG_1976

開いて、折るだけ。あとはiPadをのせるだけ。

IMG_1977

IMG_1982

こんな感じ。画面に角度も付くし、キーピッチは問題なし

キーボードの重さと使いやすさはトレードオフの関係にあるので、Mac純正キーボードはそれなにの重さがありますが、かなり使いやすいです。ま、自宅と全く同じ物理キーボードですからね。使い慣れているわけです。

また、iPadにすでにカバーを付けている人でも、オリガミワークステーションはキーボード用のカバーですので、ほとんどのiPadケースに対応しているのではないでしょうか。

購入するには

現在は、Appleストアのみの取り扱い中のようです。価格2,980円です。送料の500円がちょっと痛い。でもおすすめです。

あと、タイトルはノマドなのに、なんで写真が室内なんだっていうつっこみはご遠慮下さい。では。