iOS5のリマインダーをMacから登録すると少しだけ入力が楽になるよ

2011年10月24日 シェア数 アイコン 160

iOS5のリマインダーをMacから登録すると少しだけ入力が楽になるよ

@JUNP_Nです。iOS5になって使えるようになったリマインダーですが、使ってますか?せっかくある機能だし、なんとか便利に使えないかな?そもそもMacからも編集できたらいいのになと思っている人いませんか?

肝はやっぱりiCloudだった!

iCloudでiPhoneとMacを同期しておけばiCalにリマインダーは同期される。

意外と見落としがちなこの機能。それならMacからもリマインダーを編集できるじゃないかと言うことで手軽にリマインダー登録をする方法を考えてみました。

まずはiCalでリマインダーを表示してみよう

システム環境設定からiCloudを開くと同期項目があるのでカレンダーにチェックが入っているか確認。入っていなければチェックしておきましょう。

リマインダー_1

同様にiPhoneの設定からiCloudを開いてリマインダーがオンになっているか確認。

リマインダー_6

次にiCalの環境設定でiCloudのアカウントを追加してください。

リマインダー_4-1

iCalの表示から「リマインダーを表示」を選択します。

リマインダー_2

するとiCalの左側にリマインダーが追加されます。以前はたしかToDoだったはず。この部分を直接編集すればiPhone(iOS端末)とMac間でリマインダーが共有できるようになります。

リマインダー_3

iCalを開いてリマインダー登録するのが面倒なので専用アプリを使ってみる

いちいちiCal開くのが面倒です。ということで「RememberOn」というアプリケーションを利用してみます。

RememberOn 1.2(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Peter Borg Apps AB – Peter Borg Apps AB(サイズ: 0.4 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)

アプリはとてもシンプルなものです。iCalのリマインダーに登録をするだけ。

Alfredなどのランチャーアプリから呼び出せば、より手間も少なくなります。

このアプリを使って以下のように入力。

どのリストに追加するかは「Calendar」内を選ぶことで選択ができます。

リマインダー_7

追加が完了すると下記のようにリマインダーに追加されます。

かなりお手軽。

リマインダー_8

もちろんiPhoneにも自動的に追加されます。

リマインダー_9

難点は位置情報を入力できないところでしょうか。

とりあえずMacからリマインダーに入れておきたいだけの場合は重宝しそうです。

お試しください。