iPhoneのバッテリー残量はもう気にしない!あのHyperJuiceのポケットサイズ「HyperJuice Micro」を買いました

2011年11月10日 シェア数 アイコン 79

iPhoneのバッテリー残量はもう気にしない!あのHyperJuiceのポケットサイズ「HyperJuice Micro」を買いました
@JUNP_Nです。iPhone4Sのバッテリーに不具合?消費が激しい?なんて色々言われていますが、バッテリーを気にして使わなきゃいけないのはやっぱりストレスですよね。ということでiPhoneのモバイルバッテリーにHyperJuice Microを買ってみました。

あのHyperJuiceのポケットサイズが「HyperJuice Micro」

Macをモバイルで使っている人には有名なモバイルバッテリーの「HyperJuice」。これのポケットサイズ版のHyperJuice Microというものを買いました。

スマートフォンの充電のみできるタイプでMacへの給電はもちろんできません。

本家HyperJuiceがあれば当然iPhoneの充電もできます。でも電源がないところで作業をすることは基本的にないので、HyperJuice Microの購入に踏み切りました。

きっとバッテリーとしては他の商品のほうが優れてる。でもデザインが好き。

Appbankさんでも書いてありました。バッテリーを選ぶ基準は「容量」「用途」「サイズ」だと。

iPhone 4S と一緒に買いたいモバイルバッテリの選び方と9つのオススメ製品。
iPhone 4S は iPhone 3G/3GS に比べるとバッテリの持ちは改善されました。しかし、何としても避けたいバッテリ切れの可能性は常にあります。また、iPhone 4S のバッテリ容量は …

HyperJuice Microの容量は「3600mAh」です。2200mAhでiPhoneがほぼ満タンまで充電できるそうなので、iPhoneのバッテリーを約1.5倍長く使えようになります。

実際の使用環境では1.5回分の容量で十分だなと考えています。0%になってから充電することは基本的にありえないわけですし、仮に電源不足のアラートが出る20%まで使ってから100%まで充電という用途であれば2回フル充電できるわけです。

※iPhoneのバッテリーが2200mAhだったしたら80%は1760mAh。1760mAhなら3600mAhのバッテリーで2回フル充電できる。

つまり、朝の段階で電源フル充電だったのであれば、フル充電3回分は確保されているってことになります。

サイズはiPhoneより少し小さめ。まさにポケットサイズ。

HyperJuice Micro

デザインが素敵なんです。Apple製品になじむ。

バッテリー問題の改善や消費が少なくなるような見直しも重要ですがスマートフォンは使ってなんぼ。

いざという時のためにもモバイルバッテリーの購入をオススメします。

HyperJuice Micro – Mac/Windows ソフト・iPhone/Android ガジェット&アクセサリ act2.com
ハイパージュース・マイクロは、iPad、iPhone、iPod、その他のUSBデバイスの充電にも使える10W(5V/2.1A)での充電と、miniUSBケーブルを使ってMacやPCからの充電が可能です …