iPhoneやiPadをMacの鍵にしちゃう話題のアプリ「Keycard」を試してみた

Keycard

@JUNP_Nです。先日から色々なところで紹介されている、iPhoneやiPadを持ってMacの近くから離れると自動的にMacをロックしてくれるというアプリ「Keycard」を購入し試してみました。

Keycard 1.0(¥600)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Appuous Inc. – Appuous Inc.(サイズ: 4.6 MB)
全てのバージョンの評価: (5件の評価)

iPhoneとMacをBluetooth接続してMacの鍵にしちゃうアプリ「Keycard」

iPhoneを持ってMacから離れると自動ロック。ちょっとだけ離席する時にいちいち操作をしなくてもスクリーンをロックしてくれるのは嬉しい人も多そうです。

アプリをインストールするとメニューバーにアイコンが表示されるので、そこから操作をします。

まずは歯車のアイコンをクリックして自分のiPhoneと接続をしましょう。

Keycard 1

歯車アイコンをクリックすると以下のような画面が表示されます。

iPhoneを登録するには「Add a new device」をクリックします。

4 Digital Codeを入力しておけば手動でスクリーンロックを解除することもできます。

Keycard 2

iPhoneのBluetoothがオンになっていないと「オンにしてください」という以下の画面が表示されます。

設定アプリからBluetoothをオンにしてください。

Keycard 3

無事に接続が完了すると以下のようにiPhoneのアイコンにチェックマークが付与されます。

Keycard 4

あとはiPhoneを持ってMacから離れてみると…

ロックされました!この画面で先ほどあった「4 Digital Code」を設定してあればナンバーを入力することでロック解除も可能です。

Keycard 5

ありそうでなかったアプリ。残念ながら無料アプリではありませんが、こうゆうアプリを待っていた人も多いのでは?

是非お試しください。

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング