Macの内蔵ディスクを軽くしよう!iPhotoのデータを外部ディスクで管理する方法

@JUNP_Nです。メインにMacBook Airを利用していますが、容量が少ないのでiTunesやiPhotoを使用しているユーザーはすぐに容量がいっぱいになってしまいます。今回は内蔵ディスクの容量を節約するために、iPhotoのデータを外付けディスクで管理する方法をご紹介。

iPhoto 9.4.2(¥1,300)


App

内蔵ディスクから外部ディスクにiPhoto Libraryを移動させる

iPhotoのデータは全て「iPhoto Library」に格納されています。このフォルダを外付けディスクに移動させ、そちらから読み込ませることで内蔵ディスクの容量を節約しようと思います。

iPhoto Libraryのある場所は「ユーザー>ホーム>ピクチャ>iPhoto Library」になります。このファイルを丸ごと外付けディスクにドラッグ&ドロップでコピーしてあげます。

Mactips iphoto data 1

次にiPhotoをOptionキーを押しながら起動します。すると下記の画面が表示されるので、新しくコピーして作成されたiPhoto Libraryを選択します。下記画像では下の方が新しくコピーをしたiPhoto Libraryです。

Mactips iphoto data 2

これで完了。内蔵ディスクにあるiPhoto Libraryは削除してしまって大丈夫です。

この方法を応用することでiPhoto Libraryを複数持つこともできますが、iPhoto Library間でのデータ移行をすることはできないので注意が必要です。

Macユーザーなら写真管理はiPhotoがもの凄く便利なので、使ったことがない人は是非活用してみてください。

iPhoto 9.4.2(¥1,300)


App

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング