これだけは外せないMacアプリ厳選13個

TotalSpaces

@JUNP_Nです。毎日使っているMacのアプリの中でこれだけは絶対に外せない!というMacアプリを厳選してご紹介。

ブルーライトカット眼鏡の代わりに利用しているFlux

果たして本当にブルーライトカットの効果があるのかわかりませんが、目に優しいのは使っていて実感しています。色をちゃんと見ないといけない時にはオフにすることもできるので便利。

テキスト選択からのワンアクションが便利になるPopClip

テキスト選択してから翻訳アプリに渡すなど、色々なことができるテキスト選択拡張アプリ。超便利なのでオススメ。

作業スペースの確保と管理はTotalSpaces

Spacesという機能が以前のMacにはありましたが、Mountain Lionには搭載されていません。それを復活させることができるアプリがTotalSpacesです。

使ったら病み付きですよ。

メニューバーを表示をもっと広く便利に使いたいBartenderとAccessMenuBarApp

MacBook Airの11インチを利用していますが、画面が小さいのでメニューバーの表示領域も小さい。そんな人にオススメなのがこの2つのアプリ。

メニューバーを最大限活用するためには必須だと思います。

クリップボード履歴を便利に使えるClipboard History

クリップボード履歴を利用することができるアプリは無料でもありますが、ずっとこの有料アプリを使い続けています。

特に有料アプリを利用している理由はありませんが、慣れてしまっているので使い続けています。

Clipboard History 1.3.1(¥450)


App


Macのメモリ解放はMemory Scopeで確定

メモリ解放アプリの中では定番。有料ですが他のアプリより多機能なのでオススメ。

Memory Scope 1.04(¥350)


App


ランチャーアプリは定番のAlfredが超便利

無料のランチャーアプリのAlfredが便利すぎて手放せないアプリNO.1です。現在はAlfred2をアップグレード(有料)して使っていますが、無料でも十分に便利です。

Alfred 1.2(無料)


App


メニューバーのカレンダー表示をイイ感じにしてくれるDAY-O

メニューバーに曜日やカレンダーを表示してくれるアプリ。便利に使えるというよりも、入れておくだけで便利というアプリ。

指定のアプリを簡単に呼び出すことができるCLCL Lite

CommandキーとOptionキーを押すだけで指定したアプリを起動することができるアプリ。

マウスジェスチャーが超便利になって病み付きのBetter Touch Tool

ウィンドウのリサイズなどのジェスチャーを簡単にすることができるので、超便利。Alfredに続いて手放せないアプリです。

Finderを拡張したいならTotal Finder

Finderにタブ機能を追加したり、ホットキーでの呼び出しができるようになったりするアプリ。シェアウェアです。

JPEG画像のデータを手軽に軽くするJPEG mini

JPEGの画像データが驚くほど軽くなる凄いアプリ。僕は今まで50GB以上のデータを軽くしてています。

MacのメンテナンスはMagicanが便利

数ヶ月に1度はメンテナンスをすることをオススメします。標準にインストールされているディスクユーティリティより手の込んだことをしたい人はMagicanをオススメ。

まとめ

特定の便利なアプリもたくさんありますが、一般的に便利に使いそうなアプリをまとめてみました。

定期的に自分の愛用しているアプリをまとめて書いておくと、後で新規に環境を作らないといけない時に便利なのでブロガーの皆さんも是非自分の環境を晒してみてください!参考にしますのでw

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング