安倍文殊院の賽銭箱がEdyなどの電子マネーに対応していると話題

@JUNP_Nです。奈良県にある安倍文殊院の賽銭箱が電子マネーに対応しているとTwitterで話題になっています。

実は2007年から電子マネー決済に対応済!公式サイトもかっこいい!

Twitterで話題になっていたのは以下の画像。話題となっていたのは奈良県にある安倍文殊院という寺院です。

実は安倍文殊院は2007年より電子マネーでの決済に対応済であり、当時もYahooニュースなどにも取り上げられるほど話題になっていました。

BdQ VF6CEAAEQyn

賽銭の決済は画像から察するに、金額を自分で設定し、電子マネー決済を行うという方式。一律の金額などが決められているわけではないようです。

Wikipediaによると、EdyだけでなくiD、PiTaPa、QUICPay、Suica(ICOCA、TOICA)、さらには中国がメインの銀聯という電子マネーにも対応されているとのこと。

この安倍文殊院の公式サイトもよくできており、寺院内をGoogleストーリービューでデジタル境内散策ができるようになっている。

2007年に導入された際の安倍文殊院貫主の植田俊應さんがインタビューで以下のように話しています。

奈良に都があったころ、先進文化の受け入れ先はまず寺院であったが、いつしか古いものの代表というイメージになってしまった。もっと気安くお参りができるよう、より便利な対応をして、若い人たちへの敷居を低くしたい。

via:Tmedia オルタナティブ・ブログ

実際の利用者がどの程度いるのかわかりませんが、賽銭は賽銭箱に入れたいと思う人も多いはず。でも僕は実際に現物を目の前にしたら、電子マネーでの決済も試してみたいです。

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング