iPhone 6はデザインも大きく変わり曲面に沿うようなガラスを採用している?

iPhone-6-iPhone-6c-07-1

@JUNP_Nです。Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)の情報によると次期iPhone 6は曲面に沿うようにラウンドさせた曲面ガラスを採用している可能性があるそうです。これはメジャーアップデートらしい大きな変更点になりそうです。


GALAXY S IIIのようにエッジに丸みを帯びた曲面ガラスを採用か?

Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)が信頼出来る情報筋より得た情報によるとiPhone 6はGALAXY S IIIのように角が丸くなっているガラスを採用している可能性があるそうです。

信頼出来る情報によると、GALAXY S IIIは、エッジ部分に丸みのある曲面ガラスを採用していますが、iPhone 6も曲面に沿うようにラウンドさせた曲面ガラスを採用している可能性があるようです。

Nowhereelse.frが現在の噂を元に作られたというコンセプトイメージを公開していますが、こちらは前面のガラスはラウンドしていなません。

IPhone 6 iPhone 6c 07

情報によるとiPhone 6はSQUAIR CURVACIOUS BUMPERを装着した時と同じような形態に近い金属の筐体とのこと。

さらには今までの背面カメラ部分のアンテナのために分割されたデザインにもならないとのこと。

411u+dK0k5L

背面の全部が丸みを帯びた金属筐体になるということは、フロントパネルがラウンドした曲面ガラスを採用するということなのでしょうか。

IPhone 6 iPhone 6c 08

一般的になってきたiPhoneのディスプレイを保護するガラスシートによくあるような、エッジ部分が丸みを帯びている程度の加工を想像しますが、どの程度ラウンド処理がされるのか気になるところです。

個人的なイメージでは次期iPhone 6はエッジ部分が丸みを帯びているということから持ちやすい形態になるのだろうと想像しています。

source:Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング