割り箸が猛毒?中国産の割り箸を水槽に入れたら金魚が死んだ

PAK13_ajinoosusi20140426-1

@JUNP_Nです。これは人ごとではないかも。「金魚が泳いでいる水槽に割り箸を入れたら金魚が死んでしまった」そんな恐ろしい猛毒割り箸があると日刊大衆が伝えています。


日本の割り箸年間使用量は250億膳、97%が中国産!

PAK13 ajinoosusi20140426

外食した際に使う機会の多い「割り箸」ですが、その割り箸に猛毒がついているものがあると日刊大衆が伝えています。

関連:世界から見た日本がどれだけ不思議な国かわかる8つのポイント

日刊大衆によると上海のレストランで割り箸をスープに入れたら、スープが濁ったことで発覚し調査をした結果、人体に有害な物質が付着していたそうです。

どういった有害物質が付着している可能性があるのか、日刊大衆では以下のように書かれています。

「中国産の割り箸には、製造過程で強力な防カビ剤や、見栄えをよくするための漂白剤等が大量に使われています。しかも、ほとんど洗浄されずに出荷されているため、人体に有害な薬品がこびりついたままなんです。」

全ての中国産割り箸が「猛毒」であるかどうかはわかりませんが、割り箸を利用することを控えたほうがいいのかもしれません。割り箸と環境問題が話題にあがることが多いですが、それ以前に自分の身を守るためにも「マイ箸」を持つことも検討したほうがいいかも。

source:日刊大衆-WEB版-

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング