ソフトバンクが最大43,200円で下取りしてくれる「のりかえ下取りプログラム」を発表

iphone6-iphone6plus-comparison

@JUNP_Nです。ドコモの下取り価格が圧倒的に高かった3キャリアの「買取・下取り」キャンペーンですが、ソフトバンクがあらたに「のりかえ下取りプログラム」を発表。最大で43,200円の下取り価格に!さらにiPhoneだけでなく、スマートフォン、フィーチャーフォン(ガラケー)も含み下取りしてくれます。


さすが後出しのソフトバンク!iPhone以外にもAndroidやガラケーまで下取り!

iPhone 6、iPhone 6 Plusへの機種変更のための下取り価格合戦が始まってますが、当初はドコモの圧勝だったところ、ソフトバンクが新たな期間限定プログラムを発表。「のりかえ下取りプログラム」では最大で43,200円という高額買取をしてくれるそうです。

Iphone6 release date

「のりかえ下取りプログラム」の凄いところはiPhone 5s(64GB)なら「43,200円」と高額下取りしてくれるところではなく、下取り対象の機種がiPhoneだけでなく「Androidスマートフォン」「Windows Phone」「BlackBerry」「従来型携帯電話(フィーチャーフォン)」と幅広いところ。

関連:【比較】SoftBank、au、docomoでのiPhone下取り・買取価格まとめ(9/16更新)

注意事項としては「MNPでiPhone、SoftBankスマートフォン、SoftBank 3G(携帯電話)を購入した人が対象」ということで、既存のソフトバンクユーザーは恩恵に預かることができない点。

さらに「スマ放題」への契約が必須条件となっています。

Softnabk part exchange

ドコモの下取りでは、下取り価格を本体購入時の割引に即利用することが可能ですが、SoftBankの「のりかえ下取りプログラム」は相応額を24ヶ月で分割し月々の使用料から割引するというものになっています。そのため、2年間はSoftBankを利用することが必要です。

他社からSoftBankに機種変更を検討している人にとっては、お得なプログラム。期間限定で9月19日(金)から10月31日(金)までとなっているので、乗換を検討している人は検討してみては?

わかりにくい下取りプログラムを使わなくても下取りしてくれるお店もあります

IPhone part exchange

携帯電話キャリアの下取りプログラムを利用せずとも、iPhone・Androidなどスマートフォン高価買取を行っている「Smarket(スマーケット)」などに下取りをしてもらうという方法もあります。iPhone 5sであれば最大47,500円とソフトバンクの「のりかえ下取りプログラム」よりも高額ですし、2年縛りもありません。

キャリアの下取りではなく「Smarket(スマーケット)」へ下取りに出すという方法も検討してみては?

source:SoftBank のりかえ下取りプログラム

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング