【iPhone裏技】「消せない標準アプリを消す方法」もiOS 8で利用可能!

Settings

@JUNP_Nです。iPhoneの裏技「フォルダの中にフォルダを入れる方法」がiOS 8でも利用可能だったので、応用した裏技「消せない標準アプリを消す方法」を試してみました。こちらもiOS 8に対応しています。


消したくても消せない標準アプリを消す方法方はiOS 8でも利用可能!

Ios8 default app hide

一部のアプリについては「設定」アプリから機能制限を利用して非表示にすることができますが、iOS 8になって新規に追加された「ヒント」アプリなど、標準でiPhoneに入っているアプリのいくつかは削除することができません。

関連:iOS 7.1で消せない標準アプリを消す方法

iOS 8でも「フォルダの中にフォルダを入れる裏技」が利用可能だったので、これを応用した「消せないアプリを消す裏技」もできるだろうと思い試してみたところ、iOS 8でも利用可能でした。

消せないアプリをホーム画面から消す裏技

Ios8 default app hide 1

  1. 「フォルダの中にフォルダを入れる裏技」を参考に消したいアプリをまとめたフォルダを、フォルダの中に格納します
  2. フォルダの中に「消したいアプリだけが入ったフォルダ」を残し、それ以外のアプリはフォルダの外に出します
  3. フォルダから「消したいアプリのフォルダ」を出し、ドック(画面一番下)に重なるように移動させ1秒くらい待つ
  4. 指を話すと「消したいアプリのフォルダ」が消えます

こちらの裏技、言葉にすると非常に説明が難しいのですが、iOS 7の時と同様の方法でホーム画面から消せないアプリを非表示にすることができます。

消してしまったアプリは電源を入れなおすと復活します。厳密には消してしまったというわけではなく非表示にしている状態なので消したアプリを利用したい時はSpotlightを利用してアプリ名で検索すれば、アプリを起動させることができます。

詳しい裏技の方法は「消せない標準アプリを消す方法」を参考にしてみてください。

iOS 8の使い方・小技・裏技

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング