【便利】iPhoneでバッテリーの消費が大きいアプリを確認する方法

@JUNP_Nです。iPhoneで知らぬに通信していたり、意識していないのに裏側(バックグラウンド)でアプリが動いているとバッテリーはどんどんなくなります。バッテリーの減りが速いかも?と思ったらどのアプリがバッテリーを消費が大きいか確認してみましょう。


iOS 8の新機能!バッテリー消費の大きいアプリを確認できます!

Iphone6 6plus open 15

iOS 8からの新機能で「バッテリーの使用状況」を確認することができるようになりました。この機能を使えば、バッテリー消費が多いアプリをひと目で確認することができます。

関連:iOS 8で便利になった通知センターは活用すべき!ウィジェット機能は活用したほうがいい!

確認は「設定」アプリから行います。「設定 > 一般 > 使用状況」とタップしていきます。

Ios8 battery 1 Ios8 battery 2

使用状況が表示されると一番上に「バッテリーの使用状況」という項目が表示されるので、そこをタップするだけ。超簡単。

Ios8 battery 3 Ios8 battery 4

僕の場合はやはりバックグラウンドで動かしているRSSリーダーアプリ「Reeder」が一番使用量が大きいようです。それ以外は最近ハマっているゲームやTwitterクライアントなど。

僕の場合はバックグラウンドで動かしているアプリがなくなるだけでもかなりバッテリーの持ちは長くなりそう。

バッテリーの減りが速いと感じたら、まずはバッテリーの使用状況を確認してみるといいかもしれないですよ!

iOS 8の使い方・小技・裏技

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング