TwitpicがTwitter社に買収され、過去の写真はアーカイブとして残ることに

Twitpic

@JUNP_Nです。Twitterのサービス初期の頃から利用されていた画像投稿サービス「Twitpic」ですが、「Twitpicの商標に関する問題」から10月25日にサービスが終了。ユーザーのデータは消滅する予定になっていましたが、ここにきてTwitter社が買収し過去の写真データは残ることになったそうです。


Twitter初期からの写真投稿サービス「Twitpic」投稿された写真はリードオンリーで残ります

Twitpic archive

Twitpicの商標に関する問題」からTwitterより商標登録出願を取り下げなければAPIの接続ができなくなるということでサービス終了を宣言。その後、Twitpicはサービス終了せずに存続すると前言撤回。さらにもう一度ひっくり返って、やはり10月25日にサービス終了すると発表されていました。

1度目の前言撤回でサービス存続を発表した際に買収されたと思われていたのですが、売却がうまくいかなかったようです。10月25日にサービス終了を発表したものの、Twitpicのドメイン、画像データはTwitterが買収。新規の投稿はできませんが過去の写真データは存続することになったそうです。

Twitpicに投稿したデータのエクスポートは継続して利用可能

Twitterに買収されたものの、過去の画像データがいつ利用できなくなるかわかりませんので、必要な方はエクスポートして保存しておいたほうがいいかもしれません。エクスポートはTwitpicの「設定」から行うことが可能になっています。

source:ITmedia via Twitpic Blog

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング