MacからiPhoneで電話をする方法と機能をオフにする方法(OS X Yosemite)

Phone

@JUNP_Nです。OS X YosemiteからMacからiPhoneの電話を利用することができるようになりました。具体的にはiPhoneにかかってきた電話をMacで受ける、またMacからiPhoneを通じて通話をすることができるという機能。使い方と機能をオフにする方法のご紹介です。


Macでの通話をするためには、iPhone(iOS 8)とMac(OS X Yosemite)が必要

MacにOS X Yosemiteがインストールされており、iPhoneがiOS 8である場合、iPhoneを通じてMacから通話をすることができるようになりました。

Mac iphone yosemite call 1

iPhoneへの着信をデスクトップで通知してくれるのは便利な機能。Macでそのまま通話をすることも可能です。

必要な条件は4つあり、これら全てを満たしていれば利用することが可能です。

  1. MacにOS X Yosemiteがインストールされている
  2. iPhoneにiOS 8がインストールされている
  3. MacとiPhoneが同じiCloud(Apple ID)でログインされている
  4. MacとiPhoneが同じWiFiに繋がっている

上記の条件が満たされている場合、iPhoneが着信すると下の画像のようにデスクトップに着信の通知が表示されます。

Mac iphone yosemite call 2

「応答」をクリックすると通話が可能です。この通話にはFaceTimeアプリを使っています。

Mac iphone yosemite call 3

「応答」だけでなく「発信」することも可能です。FaceTimeアプリから電話帳を検索し受話器アイコンが表示されている相手には発信が可能。

Mac iphone yosemite call 4

受話器アイコンをクリックすると「iPhoneで通話」と表示され、自分の電話番号が表示されるので番号をクリックすれば発信できます。

Mac iphone yosemite call 5

iPhoneを通じてMacで通話する機能をオフに設定する方法

オフにする設定は簡単。FaceTimeアプリの環境設定から「iPhone セルラー通話」のチェックを外すだけです。

Mac iphone yosemite call 6

Dialogue」というアプリを利用すればOS X YosemiteやiOS 8ではない組合せでもMacから通話をすることも可能です。

興味のある方はそちらもお試しください!

OS X Yosemiteの使い方・小技・裏技

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング