OS X Yosemite 10.10.1がリリース!WiFiの改善が含まれるも、まだ不具合の報告も

Roundel_OSX_Yosemite-PRINT

@JUNP_Nです。本日リリースされた「OS X Yosemite 10.10.1」で不具合の報告が多かったWiFI-の信頼性向上が含まれており、改善されたという報告も多数あがっているようですが、以前として不具合が続いているという報告もあるようです。


待望のWiFiの信頼性向上!その他、不具合の修正多数!

MacBookPro Yosemite Hero PRINT

以前より報告の多かったWiFI接続の不具合を解消する修正を含むアップデート「OS X Yosemite 10.10.1」がリリースされています。今回のアップデート内容は以下の通り。

  • Wi-Fiの信頼性向上
  • Microsoft Exchange Serverに接続する際の信頼性が向上
  • 特定のメール・サービス・プロバイダを使用して”メール”メッセージを送信する際の信頼性が向上
  • ”どこでもMy Mac”を使用してリモートコンピューターに接続する際の信頼性が向上
  • シェアリングサービス、通知センターウィジェットが利用できない問題の解決
  • Mac miniがスリープ解除後の発生するバグを改善
  • Time Machineで古いバックアップを表示する時の問題を改善
  • 日本語入力に関する問題を改善

上記以外にもセキュリティや脆弱性のアップデートも含まれています。

既に最新のアップデートに対して不具合の報告もあがっているようです

Mac Rumorsによると、OS X Yosemite 10.10.1へのアップデート後もWiFiの接続ができない不具合が修正されていないという報告もあがっているそうです。

またWiFiだけでなくBluetoothとWiFIの干渉やダークモードでの表示の不具合なども報告されているとのこと。WiFIの接続が出来ない場合は、WiFiの設定を一度削除して再設定する、Bluetoothをオフにしてみる、使用帯域を2.4 GHzのみに変更してみるなどが有効なようです。

source:About the OS X Yosemite v10.10.1 Update – Apple サポート

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング