低スペックマシンには必須!Chromeもメモリを自動開放する拡張機能「Tab Memory Purge」

Chrome

@JUNP_Nです。メモリの消費が激しいGoogle Chromeを少しでも軽く使いたいという人には必見の拡張機能「Tab Memory Purge」を試してみました。一定時間バックグラウンドで開きっぱなしになっているタブを自動で停止させJavaScriptなどの読み込みを停止させてくれます。


大量にタブを開く人や、複数のタブを開いて放置する人は要チェックな拡張機能

Chromeextention tab memory purge

Google Chromeはタブを大量に開いているとメモリも比例して大量に使用してしまいます。使っていないタブにメモリを使用するのはもったいないですし、動作が遅くなる原因になります。

Tab Memory Purge」は指定した時間が経過したタブを一時的にシンプルなページに置き換えJavaScriptなど裏側で動作するものを停止させてくれます。

Chromeextention tab memory purge 2

Tab Memory Purge」を追加すると表示されるボタンから個別にタブの解放(一時的にシンプルなページに置き換え)をすることもできます。

Chromeextention tab memory purge 1

低スペックなMac/PCを利用している人や、タブを大量に開いてしまいがちな人は是非お試しください。

インストールはこちら ▶ Tab Memory Purge

Chromeの不要ファイルなどを一括削除するプラグインも便利

Chromeの動作が重くなる原因として不要ファイルなどが溜まっていることも考えられます。どうにも動作が重いなという人は「OneClick Cleaner」を利用してChromeを最適化するのもオススメです。

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング