Apple Watch 「耐水」ではなく「防水」と呼べる性能を証明した動画

@JUNP_Nです。Apple Watchを着用して「15分間泳いでみた動画」でも予想以上の耐水/防水性能を見せたApple Watchですが、今度は1000m泳いで、10mの高さから飛び込んで、40mの深さに沈んでも動作に問題なかったという検証動画が公開されています。

1000m泳いでも、40m沈んでも、10mから飛び込んでも動作に問題なし

Apple watch water proof

Apple Watchはオフィシャルサイトの説明で「Apple Watchは防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。」と記載されていますが、もうこれは防水と言っても大丈夫なのでは?と思う検証動画が公開されています。

DC Rainmakerが公開した動画では、1000m(+200m)泳いでその後の動作を検証。全く問題なく動作をすることを確認。

続いて10mの高さからプールに飛び込んでみるという検証動画。こちらも全く問題なく動作していることを確認。

最後に特殊な機械を利用して擬似的に40m沈んだ状況を作り出すという検証動画。何も問題なく動作していることを確認。

DC Rainmaker

Apple Watchの防水性能は公表されている情報よりも高性能?

Apple Watchの説明で記載されている耐水/防水規格は「IPX7」という防水性能としては「約1mの深さに一時的に30分間沈めても動作に影響がでない」という機器が取得できるものです。

今回の検証動画で水深40mの深さにも耐えたApple Watchは、もしかしたら公表されているものよりも防水性能は高い可能性も?ですが「IPX5」「IPX6」の規格の条件である「強い水流による防水性能があるか」という点については検証されていないため、水に沈んでいてもある程度は大丈夫というくらいの認識が良いかもしれません。

実際にプールで泳いでいて浸水した場合はAppleの保証対象外になるので、水に濡らさなくて済む場面では外しておくのが無難ですね。

source:Mac Rumors via DC Rainmaker

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング