Google ウェブマスターツールが名称を一新し「Google Search Console 」に変更

シェア数 アイコン 174

Google ウェブマスターツールが名称を一新し「Google Search Console 」に変更

@JUNP_Nです。Googleがウェブマスター向けに提供していた「ウェブマスターツール」の名称を変更し、今後は「Google Search Console」一新することを発表しています。

Google ウェブマスターツールのユーザーに共通していたのは「Google検索ですぐ見つかるようにしたい」という気持ち

Google search console

Googleがウェブマスター向けに提供していた、サイト運営者にとっても重要なサービスである「ウェブマスターツール」の名称を一新し、今後は「Google Search Console」とすることを発表しています。

発表された内容によると、ウェブマスターツールを利用しているユーザーに共通していることは「作ったものをオンラインで公開したい、Google 検索ですぐに見つかるようにしたい」という気持ちだったそうで、Google検索に関心のあるユーザーを対象にサービス提供するため、名称を「Google Search Console」に一新されます。

ウェブマスターだけを対象ではなく、様々な人が利用するサービスを公開していく予定

Googleが昨年に「ウェブマスターツールをよく利用しているユーザー」を調査したところ、ウェブマスターだけでなく、SEO専門家、マーケティング担当者、プログラマー、アプリデベロッパーなど様々な職種が利用していることが判明。

今後は「Google Serch Console」として、サービスを充実させ、検索結果でのコンテンツ表示の診断や改善に役立つサービスを公開していくそうです。

source:Google ウェブマスター向け公式ブログ