「iPhone 6s/6s Plus」の当たり外れはない?新たなテスト結果ではバッテリー駆動時間は逆の結果に

@JUNP_Nです。先日「iPhone 6s/6s Plus」にはアタリとハズレが存在するということが大きく話題になりましたが、Tom’s Hardwareの行った厳格なテスト結果では「A9」チップの性能差はほとんど見られず、バッテリー駆動時間においてはSamsung製のほうが駆動時間が長いという結果になったそうです。

iPhone 6s/6s Plusの「A9」チップ製造元による性能差は誤差範囲内

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」がハズレだった…マジかよ…、と凹んでいた皆さん!新たに行われたテスト結果では性能差はほとんどないそうですよ!

Iphone 6s

先日話題になっていたのは「A9」チップの製造元が「Samsung」か「TSMC」かで性能に差があり、バッテリーの駆動時間は約2時間も違いがあるということでした。今回Tom’s Hardwareが公開したテスト結果では先日とは大きく違った結果になっています。

この記事を紹介している気になる、記になる…の解説では「CPU性能差は±2%以内」「バッテリー性能はこれまでの結果と違いSamsung製のほうが長い」「CPUの表面温度もSamsung製のほうが低い」ということだそうです。

iPhone 6s/6s Plusを購入する際に気にする必要はない

今回のテスト結果では今まで言われていたことの逆という結果になっていますが、圧倒的にテスト結果のサンプル数が少ないため参考程度にしておくほうがよいそうです。

僕が購入したiPhone 6sはSamsung製でしたが、特に気になることはないですし、購入時に「A9チップの製造元はどこか」なんて気にする必要はなさそうですよ!

source:気になる、記になる… via Tom’s Hardware

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング