【レビュー】「Magic Keyboard」キータイプの安定性が33%向上という触れ込みは伊達じゃない

@JUNP_Nです。先日紹介した「Magic Trackpad 2」とあわせて、新発売の「Magic Keyboard」も購入しました。旧モデルである「Apple Wireless Keyboard」と比較して、どう変わったのか紹介します。個人的には大満足です。

「Magic Keyboard」と「Apple Wireless Keyboard」を比較!薄くなり、キーの大きさも変化、一番変わったのは「キーの打感」

Mac accessory magic keyboard 1

新発売された「Magic Keyboard」は先日レビューした「Magic Trackpad 2」と同様にバッテリーが内蔵されLightningケーブルで充電が可能になり、単3電池が不要になりました。実際の利用ではこれが一番大きな変化。

ただそれだけでは「Apple Wireless Keyboard」という名前から「Magic Keyboard」と名前を大きく変化させる意味はないはず。一体何が変化したのか、Apple Wireless Keyboardと比較してみます。

Mac accessory magic keyboard 2

Magic Keyboardをパッと見ただけでは、一見普通のキーボードです。Apple Wireless Keyboardを並べてみないと比較することは難しそう。

Mac accessory magic keyboard 3

裏面には滑り止めが4点。Apple Wireless Keyboardも同様に4点滑り止めが付いていますが、机との接点が丸いんです。Magic Keyboardは接点が平面になっているので、滑り止め効果は高くなっています。

ちなみに、この滑り止めの形状の変化は「Magic Trackpad」と「Magic Trackpad 2」でも同様で、2のほうが滑り止め効果は高い形状になっています。

Mac accessory magic keyboard 4

横から見ると、角度がApple Wireless Keyboardと比較すると、キーボードの角度がより平らに近い状態になっています。

Mac accessory magic keyboard 5

側面の上部には「Magic Trackpad 2」と同様に充電とペアリングに必要なLightningポート、そして電源がボタンが配置されています。

Mac accessory magic keyboard 6

Magic Keyboardは全体の高さが変わったことで、薄くてかなりスッキリとした印象です。Apple Wireless Keyboardはデザイン的にも過去のAppleっぽい感じがします。

Mac accessory magic keyboard 7

Apple Wireless Keyboardと並べて比較してみるとキーボードの角度がかなり変わっていることがわかります。このあたりの変化は好き嫌いが出るかもしれません。

Mac accessory magic keyboard 8

縦に並べてみるとキーの大きさが一部変更されていることがわかります。具体的にはキーボード上段にあるファンクションキーやイジェクトキー、そして右下の矢印キーの大きさが変わっています。

Mac accessory magic keyboard 9

Macと実際にペアリングをしました。ペアリングは簡単で、今までのようにシステム環境設定のBluetoothを開いて、接続する機器を探して〜という方法ではなく、Lightningケーブルと接続してMagic Keyboardの電源を入れるだけ。1〜2秒で完了です。

Mac accessory magic keyboard 10

設定が完了するとMacの画面上に「キーボードが使用可能になりました」という通知が出ます。

Mac accessory magic keyboard 12

見た目も、構造も大きく変わった「Magic Keyboard」ですが、実際に1日程度使ってみた感想は「思ったより新しいキーボード構造の打感は良い」という印象。好みが別れるところですが、文章入力時の安定感は触れ込み通り「安定した」と感じます。

「Magic Keyboard」への買い替えをオススメする3つの理由

Macユーザーはなぜか周辺アクセサリーはApple製品で揃えたいという人が多いと思いますし、僕はそうしています。新しいキーボードが出たからといって買い換える必要は全くないのですが、Apple Wireless Keyboardを使っている人は買い換えるべき製品だと思います。

1つ目の理由は「文章入力の安定感向上」という点。キーボードの打感は確かに変わっているので好みが分かれるところですが、個人的には安定感が増したと感じています。また、ファンクションキーや矢印キーの大きさの変化は確実に押しやすくなっています。

2つ目の理由は「タイピング音が小さくなった」という点。これは実際に使っていて感じるのですが、タイピング時の音がApple Wireless Keyboardと比較して確実に小さくなっています。凄い静か!

3つ目の理由は「バッテリー内蔵になりLightningケーブルで充電可能になった」という点。使用感ではありませんが、この先何年も使うであろうものなので単3電池の仕様でなくなりLightningケーブルで充電できるというのは非常に便利です。

動作条件は「OS X v10.11以降を搭載したBluetooth対応Macコンピュータ」ということなので、対応するMacを利用していてApple Wireless Keyboardを使っているという人は買い替えをオススメしますよ!

Magic KeyboardをApple Online Storeでチェック ▶ Magic Keyboard

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング