Facebook パリでのテロ被害の安否確認を「Facebook災害情報センター」で対応

2015年11月14日 シェア数 アイコン 85

Facebook パリでのテロ被害の安否確認を「Facebook災害情報センター」で対応

@JUNP_Nです。パリでのテロ事件をうけて、Facebookが「Facebook災害情報センター」で安否確認に対応(Paris Terror Attacks – Facebook災害時情報センター)しています。

Facebookの友だちがパリでのテロ事件に巻き込まれていないか、また自分の安否も伝えられる

Facebook paris terror attacks

Facebookがパリでのテロ事件をうけて、Facebook災害情報センターで安否確認を行うことができるよう対応、「Paris Terror Attacks – Facebook災害時情報センター」というページが公開されています。

現在地情報や居住地などFacebookにパリにいると判定された場合、Facebookから安否確認をするメッセージが届き、それに応えることで友だちへ自分の安否を伝えることができます。

Facebookで繋がっている友だちがパリにいる…という人は「Paris Terror Attacks – Facebook災害時情報センター」を確認してみてください。

「Facebook災害時情報センター」は東日本大震災をうけて日本オフィスのエンジニアがベースを開発

Facebook災害情報センターは2011年の東日本大震災をうけて日本オフィスのエンジニアが開発したものを改良してFacebookの機能として追加されたものです。

ちなみに東日本大震災をきっかけに開発されたサービスとしては「LINE」が有名ですね。