尿失禁を体験できる装置を女性レポーターが体験してみた動画が話題

2016年4月23日 シェア数 アイコン 185

尿失禁を体験できる装置を女性レポーターが体験してみた動画が話題

@JUNP_Nです。第23回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテストでコロプラ賞を受賞した「失禁研究会(電気通信大学)」の制作した失禁を仮想体験することができる装置「ユリアラビリンス」を女性レポーターが体験してみたという動画が話題になっていました。

衣類を濡らすことなく失禁を仮想体験することができる装置「ユリアラビリンス」

Incontinence experience

実際に尿失禁を体験することができる装置「ユリアラビリンス」を女性レポーターが体験した動画が色々な意味で話題になっています。

「ユリアラビリンス」を制作したのは失禁研究会(電気通信大学)で、昨日開催された第23回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテストでコロプラ賞を受賞した作品です。

ユリアラビリンス チーム:失禁研究会 (電気通信大学)

ユリアラビリンスは尿意提示デバイス「ユリア」を使ったエンターテイメント作品である。「ユリア」は体験者の腹部への圧迫感、背部への振動、首筋への冷感、股間部への温かさの提示により尿意および失禁感を再現する。ユリアラビリンスでは体験者の体内に胃や腸をモデルにした迷路を作り、飲み込んだ水が尿となり排泄されるまでの流れを視覚的に体験してもらう。

衣類を濡らすことなく、温かいお湯が装置内を通るなどして、尿意があったかのような体験をし、さらに尿失禁までを再現するということが可能になっています。

閲覧注意「女性が失禁体験装置を試してみた」

実際にこの装置を体験した女性レポーターの動画が以下、レポーターのコメントによると実際におしりの部分がじんわりと温かくなるなど、かなりリアルに尿失禁を体験できるようです。

この「ユリアラビリンス」ですが「ニコニコ超会議2016 超VRアトラクションズ」にて展示されることが決定しています。

SOURCE:IVRC 2015 – Linkis.com