Adobe & Google、フォント「源ノ明朝」「Noto Serif CJK」を無償公開

2017年4月4日 シェア数 アイコン 226

Adobe & Google、フォント「源ノ明朝」「Noto Serif CJK」を無償公開

@JUNP_Nです。AdobeとGoogleは4日、共同で開発したフォント「Noto Serif CJK」「源ノ明朝(Source Han Serif)」を公開しました。無償でダウンロードすることが可能なオープンソースフォントになっています。

「源ノ明朝」「Noto Serif CJK」を公開、日中韓対応のオープンソースフォント

Source han serif

IMAGE:源ノ明朝

AdobeとGoogleは4日、両社に加えいくつかの企業と共同で開発されたオープンソースフォント「源ノ明朝(Source Han Serif)」「Noto Serif CJK」を公開しました。

「源ノ明朝」はAdobeのフォントとしては2番目の日中韓対応のオープンソースフォント。東アジアで用いられている4つの言語(簡体中国語、繁体中国語、日本語、韓国語)をサポートし、7つのウェイトをもちます。

ま「Noto Serif CJK」も日中韓対応のオープンソースフォント。縦書きレイアウトにも対応するようにグリフが調整されており、縦書きの場合、特定の文字(括弧や仮名など)の形、向き、位置が変わるようになってると発表されています。

Vertical jp

どちらのフォントもUnicodeでカバーされており、Sandoll CommunicationsのCEO、Geumho Seok氏は「これらのフォントによって、Unicode でテキストを表示したときに『文字化けが発生しない(空白の四角形(□)が表示されない)』という目標が達成されます」とコメントしています。

ダウンロードはGitHubのプロジェクトページなどから可能

「源ノ明朝(Source Han Serif)」「Noto Serif CJK」はどちらもGitHubのプロジェクトページなどからダウンロードが可能。詳細はそれぞれの発表が行われたページから確認することができます。