家でカフェ飯!「Uber Eats」を使ってみたら想像以上にイイ感じだった

2017年4月30日 シェア数 アイコン 119

家でカフェ飯!「Uber Eats」を使ってみたら想像以上にイイ感じだった

@JUNP_Nです。フードデリバリーサービスの「Uber Eats」のエリアが拡大し、自宅がエリア内になったので試しに使ってみました。家にいながらカフェ飯を堪能できるのは嬉しい!

人気のカフェ飯を家で!これは一度使ったらリピートしたくなる

Uber eats

フードデリバリーサービス「Uber Eats」の対象エリアが拡大され、とうとう自宅(品川区)でも使えるように!早速使ってみましたが、これ最高かもしれない。

いわゆる「レストランやカフェのメニューを自宅に届けてくれる」というサービスですが、価格は店頭と同じ配送料(380円)が追加でかかるだけ

アプリ(もしくはブラウザ)から気になるお店を探して、メニューをタップするだけで、任意の場所まで配送してくれます。公園やオフィスなど、自宅でない場所でも利用可能です。

最高だなと思ったポイントは「自宅にいながら美味しいカフェ飯」「登録したカードで自動決済されるのでお金のやり取りなし」「注文から20〜30分でできたてが到着」の3つ。

特に、我が家のように「赤ちゃんや小さい子どもがいてカフェでランチしたくても無理」みたいな人には最高。自宅で仕事しているフリーランスの人にも良さそう。

2017年4月末時点での対応エリアは以下のマップを参照。

Tokyo Map

IMAGE:UberEATS

事前予約して会社まで届けてもらうなんてこともできるので、企業務めの人もランチタイムにお店に並ぶ必要がなくなるかも?

「Uber Eats」で「バーガーマニア」のハンバーガーを頼んでみた

「5ヵ月の赤ちゃんを抱えて人気のカフェでランチ♪」なんてことができるわけがないので、たまにはこういうランチもありかなと「Uber Eats」で自宅にデリバリーしてもらいました。

アプリを立ち上げ、アカウント情報を入力したら早速お店選び。配達先によって選択できるカフェが違いますが、和洋中はもちろん、カフェ飯からデザート、アルコールまで注文できます。

UberEats 1 UberEats 2

今回は「バーガーマニア」を選択。お店のサイトと比べてみましたが本当に店頭価格と一緒でした。店頭と同じ価格 + 配送料380円で自宅まで届けてくれるってヤバイ

配達先を確認し注文すると、現在のステータスがわかるのも安心感があってイイ感じ。配達先は「マンション名」など、具体的に書いておいたほうが良いみたいです。

UberEats 3 UberEats 4

注文が通って、お店から配達員が配達中の様子も位置情報で確認できます。少しずつ近づいてくるのが視覚化されるのは、待ち時間を短く感じさせてくれるかも。

UberEats 5

そして無事に注文が到着。この日の配達員があまりにも無愛想だったのが気になりましたけど、そんなもんかと思うことに。

UberEats 6

注文したバーガーをお皿に盛ったら、完全にカフェ。これは家だけどカフェ。

UberEats 7

注文して約20分。「なに食べる―?」とか話しながら決めて、部屋の片付けとかしていたらピンポーンってバーガーが到着。これは良い!

UberEats 8

バーガーマニア、美味しかったです。

初回利用でキャンペーンコードを入力すれば1000円オフ!

お得になるキャンペーンコードを入力すれば1000円オフに!1000円以下のメニューもあるので実質タダ!?(4月18日までは2000円オフでした)

アプリを起動して、ユーザーページから「プロモーション」を選択。コードの入力欄に「 eats-psr8t6ypue 」を入力すると1000円オフのクーポンが発行されます。

UberEats 9 UberEats 10

このクーポンを使うと僕も1000円オフのクーポンが発行されるという、よくあるパターンのもの。使ってみようとおもった人は是非!

UberEATS (ウーバーイーツ) - フードデリバリーをスピーディーに

UberEATS (ウーバーイーツ) – フードデリバリーをスピーディーに