【要約】WWDC 2017の発表内容で重要なポイントまとめ

2017年6月6日 シェア数 アイコン 124

【要約】WWDC 2017の発表内容で重要なポイントまとめ

Appleは6日、WWDC 2017の基調講演を開催。Siri搭載スピーカー「HomePod」や「10.5インチ iPad Pro」、プロ向けのハイエンド端末「iMac Pro」などを発表。重要な部分だけを要約してみました。

Siri搭載スピーカー「HomePod」を発表

Homepod white shelf

  • 「HomePod」はSiriを搭載したスピーカー
  • 「空間を認識」して音を伝える機能
  • Apple Musicと連携可能
  • 「Hey Siri」と声をかければ、音楽の再生や最新ニュースなどを応える
  • 「HomeKit」にも対応、IoT家電の操作もOK
  • ホワイトとスペースグレイの2色
  • 高さが17.2cm、幅が14.2cm
  • 価格は349ドル(約38,000円)
  • 12月からアメリカなどで出荷開始
  • 日本は年明けから発売

10.5インチ「iPad Pro」を発表、12.9インチモデルも刷新

Ipad pro family black

  • 10.5インチ「iPad Pro」が登場
  • 10.5インチ「iPad Pro」は9.7インチモデルと同サイズでありながらも、ディスプレイが大きく
  • CPUが30%、GPUが40%高速化
  • FilesというMacのFinderのようなアプリが登場(iCloudやDropboxなどに対応)
  • iPadにはMacのようなDockも
  • バッテリーは最大10時間持つ
  • 12.9インチモデルもアップデート
  • 10.5インチは69,800円〜
  • 12.9インチは86,800円〜

「MacBook」「MacBook Pro」がアップデート

New 2017 imac mac laptop family

  • MacBook、MacBook Proがアップデート
  • MacBookはストレージが最大50%高速に
  • MacBookはメモリが最大16GB搭載できるように
  • MacBook、MacBook ProはCPUに「Kaby Lake」を採用
  • MacBook Proはグラフィック周りが強化

「iMac Pro」を発表

New 2017 imac three monitors dark grey

  • プロ向けのハイエンドの「iMac Pro」を発表
  • 27インチの5Kディスプレイ
  • 最大18コアのXenoプロセッサ
  • メモリは128GBまで増設可能
  • ストレージは最大4TB
  • GPUにはRadeon Pro Vega 64を搭載
  • 価格は4,999ドル(約56万円〜)
  • 2017年12月発売予定


2017年モデル「iMac」を発表

New 2017 imac family

  • iMacシリーズをアップデート
  • Retina 4K/Retina 5KモデルはCPUにIntelの「Kaby Lake」を採用
  • Thunderbolt 3を搭載

「iOS 11」を発表

Ios 11 ipad iphone

  • iOS 11を発表
  • Apple Payで個人間決済に対応(米国のみ?)
  • Siriの音声が変更、人間らしく
  • Siriが翻訳に対応(日本語は未対応)
  • コントロールセンターのデザインを刷新
  • iPadのマルチタスクが進化、ドラッグ&ドロップに対応
  • 撮影した写真のデータ容量が小さく
  • Live Photosでループや逆再生ができるように
  • カメラでは長時間露光が可能に
  • マップやApple Musicなども機能追加
  • App Storeがリニューアル
  • 正式リリースは今秋を予定

「macOS High Sierra」を発表

Mac sierra homescreen

  • macOS High Sierra(10.13)を発表
  • Safariが高速化、Chromeより速いらしい
  • 「写真」や「メール」アプリに新機能を搭載
  • ファイルシステムがAPFS(Apple File System)に
  • グラフィックがMetal 2で強化
  • Metal for VRでVRの開発も可能に
  • 6月後半よりパブリックベータ版を配布
  • 必要なシステム要件はmacOS Sierraと変わらず
  • リリースは2017年秋を予定