1分で着れる「らく浴衣」が登場!これからの季節に大活躍の予感

シェア数 アイコン 55

1分で着れる「らく浴衣」が登場!これからの季節に大活躍の予感

セーラ服パジャマ「セラコレ」などを手がけるビーズのブランド「BIBI LABR」が、夏にピッタリの新製品を発表。簡単3ステップで着ることができる浴衣風パジャマ「らく浴衣」です。こんなに簡単なら、気軽に着れちゃうかも!

通常25の手順を3ステップに!1分で簡単に着れる浴衣が登場

1分で簡単に着れる「らく浴衣」のデザインは3種

花火大会などが季節が近づき、「今年は浴衣を着たい」と思っている女性に朗報。1分で簡単に着ることができる浴衣風パジャマ「らく浴衣」が予約を開始、7月中旬より発売されます。

こだわりのポイントは「子どもでも1人で着られる」ということを指標に、簡略化された手順。また、動きやすさも洋服に近づけるため、身幅を狭く、方の位置を調整するなどされており、腕を上げても着崩れしにくくなっています。

洋服に近づける工夫もしつつ、浴衣の良さを最大限維持

浴衣に限らず、着物は締め付けられるイメージがありますが、「らく浴衣」はリラックスして着ることとができるため、布団の上で寝転がっても痛くないのだそう。

デザインは「朝顔」「紫陽花」「金魚」の3種類。浴衣の柄には古来から込められた意味があり、浴衣の柄で季節や心理描写を表現しているそう。 

「朝顔」

「朝顔」は”固い絆”、「紫陽花」は”辛抱強い愛情”、「金魚」は”豊かさと幸福”という意味が込められているとのこと。

「紫陽花」
「金魚」

着付けは「羽織る」「紐で留める」「帯ベルトを巻く」の3ステップ。背中の生地を少し下に引っ張り、うなじを見せる(衣紋を抜く)のがポイント。右前身頃の裾を少し折り返すと、歩きやすく、緩みにくくなります。

着付けは3ステップ!

発売は7月11日、価格は8,489円。コットン100%なので汗もしっかり吸収、自宅の洗濯機で丸洗いもOKです。衣装のモデルは毎度おなじみの肉球あやとさん(@nikukyu_s)でした。

花火大会の後、そういうことがあっても問題なしですね

花火大会のあった翌日の朝、着崩れした浴衣を着ている女の子や、洋服だけれど紙袋に「昨日着ていた浴衣」を入れている女の子を見かけることがありますが、この「らく浴衣」なら心配なしですね。

帯なしで「パジャマ」もアリ

帯を外せば、そのまま寝るのもアリ。簡単に着ることができるので、海外の方へのプレゼントにも良いかも?(サイズが不安ですが)

セーラー服パジャマ「セラコレ」に名門女子校のお嬢様風モデルが登場

最高かよ!? セーラ服パジャマ「セラコレ」に着る毛布タイプが登場!

「死ぬまでに絶対セーラー服を着たい!」を叶えるルームウェア、好評につき秋冬モデルが登場!

「死ぬまでに絶対セーラー服が着たい」を叶える、セーラ服型ルームウェア「セラコレ」が発売