iPhoneのバックアップ方法は「iTunes」と「iCloud」どっちがいい?メリットとデメリット

2017年7月4日 シェア数 アイコン 198

iPhoneのバックアップ方法は「iTunes」と「iCloud」どっちがいい?メリットとデメリット

iPhoneをはじめ、iPadやiPod touchなどのiOSデバイスをバックアップする方法は、大きく分けて2種類あります。1つは「iCloud」を使ったバックアップ方法、もう1つは「iTunes」を使ったバックアップ方法です。それぞれにメリット&デメリットがあるので、改めておさらいしてみます。

iCloudとiTunes、iPhoneのバックアップはどっちが良い?


iPhoneやiPadをバックアップする方法は「iCloud」を使用する方法「iTunes」を使用する方法の2種類があります。iTunesはMacやWindowsなどのPCで、音楽再生&管理、iPhoneなどiOSデバイスの管理ができるアプリケーション。

“よくわからいない”という人が多いのが「iCloud」。「iCloud」はAppleが提供するクラウドサービスです。

iCloudとは
iCloudは、写真、ビデオ、書類、音楽、Appなどを安全に保存し、お使いのすべてのデバイスで最新の状態に保つことができます。写真、カレンダー、位置情報などを、友だちや家族と簡単に共有できます。なくしたデバイスを探す場合も、iCloudは役に立ちます。

iCloud: iCloudとは

どちらの方法でバックアップを作成したとしても、一般的な用途で使う場合には基本的に同じ。それぞれの特徴をまとめると以下のようになります。

バックアップを作成する場所

バックアップを作成する場所は、それぞれの方法によって違います。

iCloud iCloud(クラウド)上に保管
iTunes MacやWindows本体(設定すれば外部ディスクにも保存可能)

iTunesで外部ディスクにバックアップを作成する方法は以下で紹介しています。

iPhoneのバックアップファイルは重い!iTunesでのバックアップを外付けHDDに保存する方法

バックアップできる容量

iCloudは無料では5GBまでしか利用できないサービスです。そのため、iCloudでバックアップを作成するには有料プランに変更することが必須となります。

iCloud 最大2TB(無料では5GBまで)
iTunes MacやWindows本体のストレージの空き容量による(外部ディスクに設定している場合も同様)

無料でiPhone全てのバックアップを作成しようと思っているのであれば、iTunesでのバックアップが手軽でオススメ。PCを持っていないという人は、写真を「Googleフォト」に移すなど、他のクラウドサービスの活用が必要になりそうです。

一生分の写真と動画を自動バックアップ!容量無制限「Googleフォト」公開!

バックアップの暗号化

バックアップは「暗号化」するのが大原則です。iPhoneのバックアップは暗号化されていない場合、バックアップからデータを復元した際に「LINEのトーク履歴」など一部データが復元されないので注意が必要です。

iCloud 常に暗号化されて保存される
iTunes デフォルトでは暗号化されないが、設定で暗号化が可能

iTunesでのバックアップが暗号化されていない場合、「ヘルスケア」「アクティビティ」「キーチェーン」など一部データはバックアップされない点も注意が必要です。

LINEのトーク履歴に限った話ですが、仮に暗号化せずにバックアップした場合でもLINEアプリで「iCloudにトーク履歴をバックアップ」することで復元が可能になります。

機種変も安心!LINE、iCloud経由でトーク履歴のバックアップ&復元に対応!

バックアップの作成方法

iCloudの最大の利点は「Wi-Fiに接続されていれば、どこでもバックアップ&復元ができる」という点。

iCloud Wi-Fiに接続されていればどこでも作成可能
iTunes MacやWindowsに接続されていれば可能

iTunesでバックアップを作成するには、必ずPCが必要になるため、バックアップを常に最新の状態に維持することが難しいです。

最も良いのは「iCloud」で常にバックアップを作成しつつ、予備として「iTunes」でもバックアップを作成する

最も利便性が高いのは「iCloud」を使ったバックアップ方法。何より、Wi-Fi接続で常に最新のバックアップを保存することができるのは大きな安心になるので、サービス利用料を支払えるのであれば利用した方がいいでしょう。

iCloudの「月額」利用料金

5GB 無料
50GB 130円
200GB 400円
2TB 1300円

(※ 今秋リリース予定の「macOS High Sierra」では、iCloudストレージ容量をファミリー共有しているユーザーを分け合えることが発表されています。)

iTunesでのバックアップの利点は主に「PCがあれば追加の費用負担がない」「バックアップ容量はPCのストレージ空き容量次第」、さらに「バックアップデータを複数作成しておくことができる」という3点。

どちらも一長一短ですが、最良なのは「iCloudで最新の状態をバックアップしつつ、定期的にiTunesでもバックアップを作成しておく」という方法かもしれません。