「重要書類」と題するメールに注意!「添付ファイルはウイルス」と警視庁が注意呼びかけ

シェア数 アイコン 49

「重要書類」と題するメールに注意!「添付ファイルはウイルス」と警視庁が注意呼びかけ

警視庁サイバーセキュリティ対策本部は19日、「ウイルス付きメールが拡散中!件名は『重要書類』」といった注意喚起をTwitterに投稿。また、警察庁のTwitter公式アカウントでも同様に注意喚起が行われています。

警察庁、警視庁サイバーセキュリティ対策本部が注意、添付のExcelファイルはウイルス

RansomwareIMGL1936 TP V
添付ファイルを実行したらランサムウェアに感染した

警視庁、および警視庁サイバー犯罪対策課の公式Twitterアカウントが19日、ウイルス付メールに注意を呼びかける投稿をしています。

投稿によると「重要書類」「口座振替払い」の件名で送られてきたメールに添付されているExcelファイルがウイルスであるとのことです。

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)はも同日、同様の注意喚起を呼びかけ、ウイルス付きメールの具体例も紹介しています。

ウイルス付きメールの具体例(一部)

JC3では、今回確認されているウイルス付きメールの具体例を12パターン紹介。件名が「重要書類」「口座振替払い」「請求書を添付」など、複数のパターンが確認されているようです。


【送信日】2017年7月19日
【件名】重要書類
【添付ファイル】XX00000000.xls
【本文】お世話になります。昨日お話した重要書類です。
(※赤字の部分にはランダムな英数字が入る)


【送信日】2017年7月19日
【件名】口座振替払い
【添付ファイル】サービス請求書.xls
【本文】御依頼の登記が完了しましたので、お手数ですが、費用のお振り込みをお願いします。
よろしくお願いします。
*********************
(東京法律事務所内)
電 話:03-3355-0000
FAX:03-3357-0000
※2016年6月9日から事務所住所が変わりました。
*********************
(※赤字の部分にはランダムな英数字が入る)


他の具体例はJC3をご確認ください。

ウイルス感染の有無を確認する試験サイトも公開中

JC3は、感染の可能性があるマルウェア(DreamBot・Gozi)について、感染の有無をチェックするサイトを試験運用しています。

Virusmail
DreamBot・Gozi感染チェックサイト

同サイトで問題ないと表示されたとしても「感染していないことを保証するものではない」という点に注意。また、他のウイルスなどに感染している可能性も排除されません。