次期「Apple Watch」は単体でLTE通信に対応で年内発売、デザインも刷新されると報道

シェア数 アイコン 71

次期「Apple Watch」は単体でLTE通信に対応で年内発売、デザインも刷新されると報道

Appleが2017年後半に発表する次期「Apple Watch」は、LTE通信をサポートするとBloombergが報じています。これによって、メールの送受信や音楽のストリーミング再生が、Apple Watch単体でのデータ通信が可能になるといいます。

次期Apple Watch、iPhoneなしでデータ通信が可能になる?

apple-watch

Appleが2017年後半に発表するといわれている「Apple Watch Series 3」では、Apple Watch単体でLTE通信が可能になるセルラーモデルとなるとBloombergが報じています。

これまでに発売されている「Apple Watch」はデータ通信を行うためにはiPhoneが必要でしたが、セルラーモデルの登場によりApple Watch単体で通話やメールの送受信、音楽のストリーミング再生などが可能になります

報道によると、Intel製のLTEモデムチップを搭載。Appleは通信事業者との調整に入っているそうですが、詳細については明らかになっておらず、発売は2018年に持ち越さえる可能性もあるとのこと。

「Apple Watch」シリーズ、初めてのデザイン変更が行われる可能性

また、次期「Apple Watch」は”全く新しいフォームファクターを採用する“とDaring Fireballが伝えています。

新しいデザインについての言及はありませんが、LTE通信のためのSIMカードが必要になることもあり、デザイン変更の可能性は十分に考えられそうです。