ジャニーズ事務所「大切なお願い」 スタッフにエアガン発砲など、ファンの過激な迷惑行為にネット騒然

シェア数 アイコン 50

ジャニーズ事務所「大切なお願い」 スタッフにエアガン発砲など、ファンの過激な迷惑行為にネット騒然

ジャニーズ事務所が13日、公式ページに「大切なお願い」とした文書を発表。一部のマナーに反する過激な行為を行うファンへ注意喚起をしています。一例に過激な迷惑行為が紹介され、ネットでは「恐ろしい」などといった反響があがっています。

ジャニーズ事務所が一部のファンに注意喚起、「改めまして『大切なお願い』です」

Johnnys
ジャニーズ事務所「大切なお願い」

ジャニーズ事務所が13日、過激な迷惑行為をする一部のファンに向けて「大切なお願い」を発表しています。発表にによると、ジャニーズ事務所はこれまでも「タレントの移動を追跡する行為は絶対にやめていただきたい」とお願いしてきたものの、残念ながら過激な迷惑行為はなくなっていないと説明。

タレントだけでなく、一般の方々にも迷惑をかけ、公共交通機関が混乱する場面もみられ、再三に渡り関係各所からジャニーズ事務所に対して事態を改善するように注意・警告が来ているとのこと。

発表では、実際に発生している9つの事例を紹介しています。


  • 飛行機、新幹線でタレントに近い席を取り、立ち上がって覗き込む行為
  • 新幹線の車内でタレントの乗車車両の前後のデッキに留まり、一般の方の通行を妨げる行為
  • タレントの写真、動画を撮影し続ける行為
  • タレントの進路を妨害する行為
  • タレントに故意にぶつかったり、抱きついたりする行為
  • マネージャー、警備員、JFCサポートスタッフの注意を無視して、追跡を繰り返す行為
  • スタッフに向けてエアガンを発砲する行為
  • 一般の乗降客を巻き込み迷惑をかける行為
  • タレントを乗せた移動車両を白タクなどで追いかける行為

事態の改善が見られない場合、コンサートの開催中止勧告や、タレントが公共交通機関を利用できなくなるという最悪のケースもあるそう。

ジャニーズ事務所は改めて「タレントが移動する際の駅や空港などでの過激な追跡行為は今後、絶対におやめください」と注意喚起しています。

ネットでは”エアガン発砲”に「怖すぎる」などの声

公開された9つの事例にある「スタッフに向けてエアガンを発砲する行為」に対して、ネットでは「恐ろしすぎる」「怖すぎる」などの声が多数寄せられています。

熱狂的になりすぎたからなのか不明ですが、エアガンを人に向けるのは本当に危険。弁護士ドットコムでは、エアガンの銃口を”ふざけて”バスの運転手に向けてしまい、通報され逮捕されたという事例も紹介されています。