「部屋にいるだけでスマホなどをワイヤレス充電」実用化へ

「部屋にいるだけでスマホなどをワイヤレス充電」実用化へ

東京大学大学院工学系研究科の川原圭博教授らの研究グループは6月17日、部屋の中にいるだけでスマートフォンなどの機器を充電することができる技術の実証実験に成功したと発表。今後は実用化に向け取り組む予定としています。

部屋の中にいるだけで対応機器にワイヤレス充電が可能に

floor_light_coil

東京大学大学院工学系研究科の川原圭博教授らの研究グループが、部屋の中であればどこにいてもスマートフォンなどの対応機器をワイヤレス充電することができることを実証したと発表しました。

研究グループはIoTの台頭とともに、電子機器は増加しているが、定期的な充電や電池交換が必要で、電力供給のコスト問題が顕在化していると指摘。多くの機器への電力供給は、究極のIoT実現の向けた鍵となるとし、「マルチモード準静空洞共振器」(Multimode QSCR)という送電器構造を考案。

発表では3m × 3mの部屋に「マルチモード準静空洞共振器」を実装。部屋内のさまざまな位置に置かれた受電器へ、電力を送れることが確認されたとしています。

今後は、さらなる給電範囲の拡大や、システムの高効率化に取り組み、実環境への容易な導入方法を探求し、実際のIoTシステムへの応用に取り組むということです。