TwitterやLINEが緊急声明、SNS上の名誉毀損や侮辱にはアカウント停止も

TwitterやLINEが緊急声明、SNS上の名誉毀損や侮辱にはアカウント停止も

ByteDance、Facebook Japan、LINE、Twitter Japanを中心とした、SNS等のコミュニケーションサービスやアプリなどを展開するネット事業者で構成される一般社団法人ソーシャルメディア利用環境整備機構(SMAJ)は5月26日、ソーシャルメディア上の名誉毀損や侮辱等を意図したコンテンツの投稿行為等に対する緊急声明を発表しました。

ネット事業者らが緊急声明、SMAJが特別委員会を設置

smaj-emergency-statement

ByteDance、Facebook Japan、LINE、Twitter Japanを中心とした、SNS等のコミュニケーションサービスやアプリなどを展開するネット事業者で構成される一般社団法人ソーシャルメディア利用環境整備機構(SMAJ)が、「ソーシャルメディア上の名誉毀損や侮辱等を意図したコンテンツの投稿行為等に対する緊急声明」を発表しました。

「テラスハウス」に出演していた木村花さんに対し、SNS上で誹謗中傷が書き込まれていたと報じられています。SMAJはこれらの問題への対処するため、SMAJ全理事をメンバーとした特別委員会を設置。

利用者の表現の自由や通信の秘密の保護等を最大限尊重しつつ、必要かつ効果的な取組を実施、今後さらなる対策を検討するとしています。

TwitterやLINEなど、ネット事業者の具体的な取組内容

ネット事業者による具体的な取組内容として、「他人への嫌がらせや個人に対する名誉毀損や侮辱等を意図したコンテンツの投稿などの行為を禁止」するといい、禁止事項等に該当する行為を把握した場合は、全部または一部のサービスを利用停止するなど、必要かつ適切な措置を行うとしています。

また禁止事項は利用規約に記載し、啓発広報を実施。取組内容の公表や検証、各サービスでの啓発コンテンツの掲載、捜査機関やプロバイダ責任制限法への対応、政府・関係団体との連携などを発表しています。