絶対忘れるな!iPhoneをApple正規店以外で修理すると「エラー 53」が表示されて使用できなくなる

シェア数 アイコン 160

絶対忘れるな!iPhoneをApple正規店以外で修理すると「エラー 53」が表示されて使用できなくなる

@JUNP_Nです。iPhoneのホームボタンが壊れた、ディスプレイが割れたと修理に出す際に「価格が安いから」という理由で非正規ショップ(Apple StoreとApple正規サービスプロバイダ以外)で修理に出すのは要注意!もしかしたらそのiPhone使えなくなっちゃいますよ。

iPhoneを非正規ショップで修理すると使えなくなってしまう場合があるようです

Iphone error 53

The Guardian」が非正規ショップでiPhoneを修理したところ、多くのiPhoneが「エラー 53」が表示され利用できなくなったと伝えています。

この「エラー 53」は何を意味するエラーかというと、Touch IDセンサーが行う、iOSデバイスのほかのコンポーネントと合っているかのチェックに失敗した際に表示されるものです。

つまり、ホームボタンやディスプレイを修理で交換した際に、新しいパーツがセンサーが非正規品、不正な交換と判断され表示されてしまうエラーです。

「エラー 53」が表示された場合、iPhoneの復元やアップデートが行えず、最悪の場合は使用不可能になります。この場合、当然ですがAppleの保証対象外になります。

iPhoneの修理を行う場合には、Apple Store、もしくはApple正規サービスプロバイダで修理を行うようにしましょう。

もし「エラー 53」が表示されてしまったら

「エラー 53」が表示された場合の対処方法がApple サポートに公開されています。

  1. 最新バージョンの iTunes がインストールされていることを確認します。
  2. デバイスを強制的に再起動します。
  3. デバイスの復元をもう一度試します。
  4. デバイスの復元を試したときに依然としてエラー 53 が表示される場合は、Apple サポートにお問い合わせください。復元が最後まで終わらず、別のエラーコードが表示される場合は、対処法についてこちらの記事を参照してください。

また、Appleサポートでは「画面やその他の部品を交換した場合」という注意事項も公開されており、Apple Store(Apple正規サービスプロバイダ)以外で交換を行った場合は、Appleサポートに問い合わせ、保証対象外修理の価格体系を確認するように記載されています。

修理代が気になるという人はiPhone購入時に「AppleCare+ for iPhone 6sとiPhone 6s Plus」に入っておいたほうがいいですよ。