【レビュー】MacBook Proに最適化!コスパ最強のUSB-Cハブ「ALMIGHTY DOCK TB1」

シェア数 アイコン 112

【レビュー】MacBook Proに最適化!コスパ最強のUSB-Cハブ「ALMIGHTY DOCK TB1」

@JUNP_Nです。TUNEWEARからMacBook Pro(2016)向けに開発されたUSB-C(Thunderbolt 3)を拡張するハブ「ALMIGHTY DOCK TB1」が発売開始されたと聞いて即購入。1ヵ月ほど使っていますが、コストパフォーマンスも高く、満足度の高いハブです。

コスパが高い!MacBook Pro(2016)のUSB-C拡張ハブに悩んだら、まず第一候補にあがる満足度

TUNEWEARからMacBook Pro(2016)ユーザー待望のUSB-C(Thunderbolt 3)拡張ハブ「ALMIGHTY DOCK TB1」が発売されています。価格が4,980円とコストパフォーマンスが非常に高く、MacBook Proと一体になるデザインも魅力的な一品。

MacBook Pro(2016)の外部ポートはUSB-C(Thunderbolt 3)が4つのみ。USB 3.0の製品などを利用するにはアダプターやハブが必須でしたが、「ALMIGHTY DOCK TB1」があれば全てこと足りるといっても問題ないレベル。

Usb c hub 3

「ALMIGHTY DOCK TB1」で拡張されるのは、以下のポート。USB-3.0のポートが増えるだけでなく、SDカードスロットも追加されるのは大きい。

  • Thunderbolt 3 ✕ 1
  • USB-C ✕ 1
  • USB 3.0 ✕ 1
  • SDカードスロット ✕ 1
  • micro SDカードスロット ✕ 1

Thunderbolt 3に対応したポートも備えているので、「LG UltraFine 5K Display」など5Kディスプレイへの出力も問題なし。もちろん、MacBook Proへの充電も可能。

MacBook Proの側面に装着するハブなので、USB-Cポート2つを使用します。USB-Cは上下がないため、左右どちらの側面にも利用することができます。

実際に装着してみると、かなりスッキリとした印象。「ALMIGHTY DOCK TB1」はアルミニウムを削り出して作られているのでMacBook Proと非常によく馴染みます。

カラーバリエーションもMacBook Proとシームレスに馴染むように、「シルバー」「スペースグレイ」の2種類が用意されています。写真はスペースグレイ。

「ALMIGHTY DOCK TB1」の唯一の欠点、それは”印字”

光の加減や確度で写真への写り込みが少なく、気が付きにくいですが「ALMIGHTY DOCK TB1」の唯一の欠点は技適マークや製品名、ロゴなどの”印字”です。

上記の写真は裏面を印字が写り込みやすい角度で撮影したもの。MacBook Proの右側に装着する場合は、この印字が上になるため、デザインとして気になる人はいそうです。

欠点を踏まえても、「コストパフォーマンス」「デザイン」「大きさ(持ち運びの容易さ)」は圧倒的。MacBook Pro(2016)を使っているなら1つ持っていて損はないUSB-Cハブです。