Chromeで「unanalytics com」に飛ばされ警告が出る現象、原因は「Better History」の可能性

シェア数 アイコン 115

Chromeで「unanalytics com」に飛ばされ警告が出る現象、原因は「Better History」の可能性

Google Chromeで、開いているタブが勝手に「unanalytics.com」に飛ばされ警告が表示される現象が報告されています。どうやら原因はChrome拡張機能の「Better History」が原因の可能性が高そうです。

Chromeで開いているタブが勝手に別サイトに飛ばされ警告が表示される

chrome-bug
Chromeに表示される警告画面

Google Chromeを利用中、開いているタブが勝手に「unanalytics.com」というサイトに飛ばされ、警告が表示されるという現象が報告されています。

この現象について調べてみると原因はChrome拡張機能の「Better History」にあるようです。僕のChromeでも同じ現象が発生していましたが、「Better History」を削除したところ再発しなくなりました。

海外でも同様の現象が発生していることが報告されており、警告を無視して「unanalytics.com」を訪問するとフィッシングサイトに飛ばされるようです。

「Better History」以外のChrome拡張機能でも起こる可能性はある

「Better History」は閲覧履歴を見やすく管理することができると人気のあったChrome拡張機能でしたが、2016年にリンクを操作して広告を表示するという挙動が問題となりChromeウェブストアから除外されていたようです。

「Better History」の元の作者が拡張機能を売却した後に起こったようで、他の拡張機能でも同様の現象が起こる可能性があります。特に以前はChromeウェブストアで配布されていたものの、その後除外されたという拡張機能には注意が必要です。