Amazonのアカウントが停止される可能性も「Amazonギフト券を転売サイトから購入しないで」

Amazonのアカウントが停止される可能性も「Amazonギフト券を転売サイトから購入しないで」

はてな匿名ダイアリーに投稿された「Kindleの4000冊の蔵書が吹っ飛んだ」というエントリーが注目されていますが、Amazonでは以前から不正なギフト券に関連したアカウントは停止する処置を行っています。Amazonギフト券の転売品は利用しないよう注意が必要です。

Amazonギフト券を転売サイトから購入するとアカウント停止される可能性があります

amazon-app

はてな匿名ダイアリーに投稿された「Kindleの4000冊の蔵書が吹っ飛んだ」というエントリーが話題になっていました。

投稿によると、Amazonギフト券を外部から購入して定期的に使っていたことが原因で、アカウントが永久凍結されたという内容。アカウントが凍結されたことで、これまで購入していたKindle書籍も購読できなくなったと報告しています。

またこの投稿に反応した別のユーザーも、同様にAmazonギフト券の利用でアカウントが永久凍結されたと報告しています。

このユーザーは、中国メーカーから返金保証の代わりに送付されてきたAmazonギフト券を使用したことでアカウントが永久凍結されたと説明しています。

これらの事例で共通するのは「Amazonギフト券」ですが、詐欺など不正取得の可能性のあるAmazonギフト券を利用してしまった可能性が高いです

Amazonは「Amazonギフト券を転売サイトから購入しないでください」というページで、以下のように説明しています。

Amazon.co.jp では、Amazonギフト券細則の規定に基づき、転売もしくは不正に取得された可能性のある Amazon ギフト券のロック(凍結処置)および無効化ならびに関連するアカウントの停止を随時行っております。そのため、未承認の購入サイトから Amazon ギフト券を購入された場合、お手持ちの Amazon ギフト券が予告なく使用できなくなる場合があります。当サイトが承認していない購入サイトからのご購入は、お控えいただきますようお願いいたします。

Amazonギフト券を転売サイトから購入しないでください

不正取得されたAmazonギフト券が取り扱われている可能性のあるサイトや、Amazon未承認のサイトは以下の通り。

  • amaten (https://amaten.com/)
  • アマオク!(https://amaoku.jp/)
  • giftissue (http://giftissue.com/)
  • ギフトレ (https://gifttrade.jp)
  • amaqlo (https://amaqlo.com/)
  • ギフル (https://giftapple.jp/)
  • あるじゃん (http://arujan.biz/)
  • 新栄ギフト (http://www.shinei-gift.com/)
  • ギフトバンク(http://www.syoppingwaku-genkinka.net/)
  • ギフトダイレクト (http://www.gift-direct.com/)
  • べテルギフト (https://beterugift.jp/)
  • アマプライム(https://amaprime.net/)
  • 安心ギフト(https://www.asn-g.net/)
  • ケイタイ現金化(https://keitaigenkinka.com/)

また外部の転売サイトなどではなく、Amazonギフト券が利用される代表的なギフト券詐欺の手口も紹介されています。

SNSで展開されている「Amazonギフト券をプレゼント」といった手口もあります。一般的に企業が実施しているキャンペーンでは「法人向けAmazonギフト券」が使われているため正規の手続きで発行されるAmazonギフト券です。ただし怪しい企業などが展開するキャンペーンで配布されるAmazonギフト券は不正取得の可能性があるため注意が必要です。

drip公認バリスタ