嵐会見での「無責任」質問に青木アナ怒り「それはさすがに違う」 ファンから共感殺到

シェア数 アイコン 38

嵐会見での「無責任」質問に青木アナ怒り「それはさすがに違う」  ファンから共感殺到

ジャニーズファンとして知られる日本テレビの青木源太アナウンサーが1月28日、2020年12月31日をもって活動休止を発表した嵐の記者会見での質疑応答について言及。ファンから共感する声が殺到しています。

嵐会見で一部記者から「無責任じゃないか」と質問

arashi
青木源太アナウンサーの公式Twitterより

人気アイドルグループ・嵐が1月27日、ファンクラブ会員向けサイトで2020年12月31日をもって活動休止すると発表。同日20時よりジャニーズ事務所で緊急会見が開かれました。

ジャニーズファンとして知られる日本テレビの青木源太アナウンサーも記者会見に出席。質疑応答では「嵐の皆さんはファンにも優しくて優等生過ぎる」「受け止める側としては、どうしていいか分からないという方もいると思う」「ファンに対して、こういう風にしてほしいと言えることはありますか」と涙しながら質問し、櫻井翔から「熱量がすごいよ、やっぱり。ありがとう」と応えられる場面も。

質疑応答では一部の記者から「『お疲れ様でした』という声もある一方で、「やっぱり無責任じゃないか」という指摘もあると思う」という質問が飛び、櫻井は「我々からの誠意は、およそ2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意」「それが届くように、これからもたくさんの言葉をお伝えし、たくさんのパフォーマンスを見てもらい、その姿勢と行動をもって、それは果たして無責任かどうかというのを判断していただけたらと思っています」と説明。

二宮和也も「リーダーのせいでこうなったとは、同じくらいゼロに感じてます」とし、「僕らはみんなでやりたいと思った時にやるし、みんなでやりたくないと思った時はやらないですけど、1人がやりたくないと言った時には、やりたくないのはなぜかを徹底的に話し合って、みんなで共有して決断するので、リーダーが矢面に立って、悪者に見えるとしたら、それは我々の力不足だと思います」コメントしました。

青木アナ「無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても悔しくて悔しくて」

会見後、青木アナは自身のTwitterを更新。「今夜は初めて愚痴を言わせてください」と前置きし、この質疑に対し「無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても悔しくて悔しくて」と投稿。

ファンからは「無責任と言えるあの質問した人が無責任」「良くあんな事を聞けたな」「青木アナウンサー、ありがとう」など共感する声が殺到。一方で「嫌な質問をするのも記者の仕事」「仕事とはいえ、記者の人も嫌な質問しなきゃいけないのは辛いだろうな」といった声もみられました。