QRコード決済が共通化「クラウドペイ」開始!LINE Payやメルペイ、d払い、WeChat Payなどに対応

QRコード決済が共通化「クラウドペイ」開始!LINE Payやメルペイ、d払い、WeChat Payなどに対応

デジタルガレージを中心とするDGグループは5月16日、読み取り支払い型のマルチQRコード決済ソリューション「クラウドペイ」を開始しました。「クラウドペイ」は、1つのQRコードを店頭に設置するのみで、複数のQR・バーコード決済サービスを一括でより簡易に導入することができるサービスで、d払い、Alipay、WeChat Pay、メルペイ、LINE Payの5種のQR・バーコード決済サービスに対応します。

クラウドペイ、複数の「◯◯Pay」サービスを1つのQRコードで支払えるように共通化

cloud-pay-1

デジタルガレージを中心とするDGグループは5月16日、読み取り支払い型のマルチQRコード決済ソリューション「クラウドペイ」の提供を開始しました。

1つのQRコードで、複数のQR・バーコード決済サービスを一括で導入できるサービスで、d払い、Alipay、WeChat Pay、メルペイ、LINE Payの5種のQR・バーコード決済サービスに対応します。

cloud-pay-2

クラウドペイ加盟店の申込は5月16日から受付開始。サービス提供はd払いを6月末から、Alipay、WeChat Pay、メルペイ、LINE Payは順次対応します。

クラウドペイは、ユーザーが店頭に設置されているQRコードを読み取り決済する方式。店舗側は1つのQRコードを設置するだけで、新たなハードウェアを導入する必要はなし。

cloud-pay-3

クラウドペイのようなQRコード決済の場合、ユーザーがコード読み取り後に決済されたかを店側が確認する必要がありましたが、この問題は加盟店専用アプリを用意し、決済状況の確認やキャンセル対応などが行えるようになっています。

cloud-pay-4

また加盟店側のメリットとしては、各決済サービスを通じてバラバラに入金されるのではなく、クラウドペイを通じて一括で売上金が入金されるため、経理業務も省略化されるといいます。

共通化されていない他の「◯◯Pay」はどうなる?

サービス開始の現時点では、共通化された決済サービスはd払い、Alipay、WeChat Pay、メルペイ、LINE Payの5種のみとなっていますが、他の決済サービスについても「追加予定」とされています。

盛り上がりを見せたPayPayの「100億円キャンペーン」や、5月20日より始まるLINE Payの「300億円祭」など、一般への普及が広がり始めているコード決済サービス。どのサービスも一長一短といったところですが、ユーザーとしては多くの店舗で自分の使っている決済サービスが利用できるようになるのは嬉しいところ。コード決済の共通化は進んでほしいですね。