「Apple 福岡天神」移転予定地の外観があらわに、「Apple カロスキル」のような店舗に?

「Apple 福岡天神」移転予定地の外観があらわに、「Apple カロスキル」のような店舗に?

「Apple 福岡天神」の移転先とみられている建物の外観があらわになり、新しい「Apple 福岡天神」であることが事実上確認されました。Macお宝鑑定団Blogが伝えています。

「Apple 福岡天神」移転予定地の外観があらわに

Apple-Fukuoka
現在の「Apple 福岡天神」外観

「Apple 福岡天神」が2019年初頭、天神西通りで建築中の建物に移転すると噂されていましたが、すでに2019年8月に突入。「Apple 福岡天神」の移転に新たな進捗が報告されています。

国内外から注目されるApple情報サイトのMacお宝鑑定団Blogによると、「Apple 福岡天神」の移転予定地となる建物の外観があらわになり、新しい「Apple 福岡天神」であることが事実上確認できたとのこと。

建物の大きさは、高さは約6〜7m、幅は約14〜15mとのこと。以前の情報では「Apple 表参道」のような大規模な店舗になるとされていました。

また建物は韓国の「Apple カロスキル」やアメリカの「Apple リーハイ・バレー」「Apple オルダーウッド」「Apple サウスレイク・タウン・スクエア」などのようなデザインになると予測されています。

2019年内にオープンするのは「Apple 丸の内」「Apple 福岡天神」の2店舗か

Appleは2019年内に2つのApple Storeをオープンする予定だと明かしており、1つは東京駅前の三菱ビルヂング1Fにできる「Apple 丸の内(仮称)」になる可能性が最有力。

もう1店舗は神奈川県・川崎駅に直結する商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」内にできると予測されている「Apple 川崎(仮称)」と見られていましたが、工事の進捗状況を考えると、「Apple 福岡天神」が2店舗目になる可能性もあります。