JR東日本の自販機で1日1本受け取れる、サブスクリプションサービスが登場ーー月額980円から、500名限定

JR東日本の自販機で1日1本受け取れる、サブスクリプションサービスが登場ーー月額980円から、500名限定

2019年8月30日

JR東日本ウォータービジネスは8月29日、日本初となる自販機のサブスクリプションサービス「every pass」を10月1日から開始すると発表しました。JR東日本の駅に設置されている最新型自販機「イノベーション自販機」で利用可能。

日本初となる自販機のサブスク登場、1日1本月980円から

every-pass

JR東日本ウォータービジネスは8月29日、日本初となる自販機のサブスクリプションサービス「every pass」を10月1日から開始すると発表しました。

JR東日本の駅に約400台設置されている最新型自販機「イノベーション自販機」に、専用スマートフォンアプリ「acure pass」へ配信されるQRコードを読み取らせることで、1日1本まで対象の商品を受け取ることができるというもの。

「イノベーション自販機」が設置されているのは290駅(※2019年5月末)東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の主要駅ではほぼ設置されています。イノベーション自販機 設置箇所 一覧

料金は月額980円プラン、月額2,480円プランの2種類。違いは対象商品

「every pass」では2つのプランが用意され、月額980円の「アキュメイドプラン」では、同社のオリジナル商品ブランド「アキュメイド」の商品が対象(アキュメイド商品一覧)。月額2,480円の「プレミアムプラン」では、イノベーション自販機で取り扱うすべての商品が対象です。

every-pass-1

なお「アキュメイドプラン」を利用することができるのは1カ月限定。2カ月目以降は自動的に「プレミアムプラン」に切り替わるので注意が必要です。

通勤で毎日1本のドリンクを買う習慣があるという人の場合、20日出勤×1本160円と月3,200円を支払っている計算。1カ月(30日)毎日購入していれば4,800円。かなりお得に買い物することができます。

ただし「every pass」を利用することができるのは抽選で当選したユーザーのみ。専用アプリ「acure pass」を通じ、9月2日から16日の期間にサービス利用者の募集を行い、当選した500人のユーザーが利用することができます。

everypass<エブリーパス>| 自販機初のサブスク、始まる。
acure pass - エキナカ自販機アプリ
acure pass - エキナカ自販機アプリ
カテゴリ
フード/ドリンク, ショッピング
販売元
JR EAST WATER BUSINESS CO.,LTD