漫画村クローン名乗る「星のロミ」を出版大手4社が提訴、サイトはアクセス不能に

漫画村クローン名乗る「星のロミ」を出版大手4社が提訴、サイトはアクセス不能に

漫画村閉鎖後に"漫画村クローン"を名乗っていた漫画の海賊版サイト「星のロミ」に対し、著作権を侵害されたとして、集英社、KADOKAWA、講談社、小学館が提訴したことが明らかになりました。すでに「星のロミ」はアクセス不能になっています。

漫画村クローン「星のロミ」に対し、出版4社が提訴

mangamura-2
今年6月に撮影した「星のロミ」のスクリーンショット

漫画村閉鎖後に"漫画村クローン"と名乗りアクセスを集めてていた漫画の海賊版サイト「星のロミ」に対し、著作権を侵害されたとして、集英社、KADOKAWA、講談社、小学館が提訴していたことが明らかになりました。TorrentFreakが報じています。

「星のロミ」は旧漫画村とサイトデザインも酷似。7月下旬の段階で約93,000冊の漫画が公開されていたといいます。今年6月時点では約8,800冊でした。

新たな「漫画村」が復活、旧漫画村にそっくりな「漫画村クローン」名乗るサイトやAnitube類似サイトも

「星のロミ」はタイトルの追加情報やサイトの開発状況などをSNS(Twitter、Gab)で報告しており、「5月31日以降、ユーザー数が100倍に急増した」「一日の利用者数が100万人を突破した」「一日にユーザー数が数万人ずつ増え続けている」などと投稿していました。

集英社、KADOKAWA、講談社、小学館が提出した訴状のコピー(PDF)も公開されています。

「漫画村」閉鎖後に生まれた海賊版サイトは続々と閉鎖している?

mangamura-1
「漫画村」を名乗るサイト

2019年6月にSNSで「新たな漫画村が復活している」と話題になった海賊版サイトも、記事公開時点ではアクセスできない状況になっています。このサイトのTwitterアカウントは「このウェブサイトを維持する為、経費が必要なので、広告にクリックしてお願い致します」(原文ママ)などと投稿していました。

海賊版サイトは漫画だけではなく、アニメや映画なども海賊版サイトが乱立。日本国内でユーザー数が多かったアニメの海賊版サイト「Anitube」も2018年4月にはアクセス不能になっていましたが、後継サイトが次々と生まれていっています。