スマホ版「マリオカート」1週間で9000万DL超、課金総額は約13.5億円

スマホ版「マリオカート」1週間で9000万DL超、課金総額は約13.5億円

任天堂のスマートフォン向けアプリ「マリオカート ツアー」がリリースから1週間で、9000万ダウンロードを達成。アプリ内課金は総額で1,270万ドル(約13.5億円)を突破したと、米調査会社SensorTowerが発表しています。

「マリオカート ツアー」公開から1週間で9,000万ダウンロード超

mariokart-tour-1
マリオカート ツアー | 任天堂

任天堂のスマートフォン向けアプリ「マリオカート ツアー」が、9月25日のリリースから1週間で9,000万ダウンロードを達成したと、米調査会社SensorTowerが発表しています。

任天堂のリリースしたアプリで、公開から1週間のダウンロード数を比較すると、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が1,430万ダウンロード、「スーパーマリオ ラン」が1,300万ダウンロードで、「マリオカート ツアー」は圧倒的1位となっています。

mario-kart-tour-first-week
Sensor Tourより

内訳はAndroidが5,350万ダウンロード、iOSが3,650万ダウンロード。最もダウンロードされた国はアメリカで1,320万ダウンロード、次いでブラジルの1,070万ダウンロード、メキシコの580万ダウンロードとなっています。

課金総額は1,270万ドル(約13.5億円)、任天堂としては歴代3位

「マリオカート ツアー」の公開から1週間で発生した課金総額は1,270万ドル(約13.5億円)で、任天堂としては歴代3位。1位は「ファイヤーエンブレム ヒーローズ」の2,820万ドル、2位は「スーパーマリオ ラン」の1,610万ドル。

課金が発生したユーザーの分布を見ると、Android(Google Play)ユーザーは310万ドル(24.5%)で、iOSユーザーが960万ドル(75.5%)。1ダウンロードあたりの課金額としては、Androidが0.06ドル、iOSが0.26ドルとなっています。

国別で見ると、アメリカが約580万ドルで全体の45.4%を占め、日本は400万ドル(31.3%)、フランスが75.2万ドル(6.4%)と続いています。

マリオカート ツアー
マリオカート ツアー
カテゴリ
ゲーム, アクション, レーシング
販売元
Nintendo Co., Ltd.