現役高校生1000名を調査、2019年高校生の流行語は?2019年の高校生トレンドは割と予想通りだったかも

現役高校生1000名を調査、2019年高校生の流行語は?2019年の高校生トレンドは割と予想通りだったかも

日本全国47都道府県の女子高生・男子高生ネットワーク「高校生ラボ★47」を運営する株式会社エイチジェイは11月21日、日本全国の現役高校生1000名を対象にアンケート調査を行った結果を、「高校生アワード2019」として発表しました。

high-school-student

日本全国の高校生ネットワーク「高校生ラボ★47」を運営するエイチジェイが、現役高校生1000名を対象にアンケート調査を実施。2019年を代表するニュースや流行語などを調査し、「高校生アワード2019」を発表しました。

「2019年を象徴するビッグニュース」に選ばれたのは、やはり「新元号/天皇交代」に関するニュース。次点には国民的人気アイドルグループである「嵐の活動休止/SNS開設」についてでした。3位にはラグビーW杯、4位には台風19号、5位には高校生が修学旅行などで訪問することのおおい「首里城」の火災がランクインしています。

2019 high school student trend 1

「ラボ的2019年流行語大賞」に選ばれたのは、未だ勢いの衰えが見えないタピオカに関連して「タピる」が1位にランクイン。2位には泣いている様子を表す「ぴえん」、3位には人気ドラマ「あなたの番です」の略「あな番」、4位は「それな」、5位には頭がおかしいを表す「あたおか」が選ばれました。

その他、「2019年一番活躍したと思う俳優/女優」では人気漫画の実写映画「キングダム」や、「かぐや様は告らせたい」などに出演した橋本環奈が1位に。「2019年一番活躍したと思うボーカルグループ」では、「Official髭男dism」が選ばれています。

2019年一番使用した配信アプリでは「LINE LIVE」が1位

2019 high school student trend 2

「2019年一番活躍したと思うお笑い芸人」は「EXIT」が1位に、2位は「霜降り明星」、3位は「チョコレートプラネット」、4位には今年大ブレイクを果たした「りんごちゃん」、5位には千鳥が選ばれました。

「2019年一番使用した配信アプリ」では、「LINE LIVE」が高校生の利用率が最も高い結果に。2位にはInstagramの「インスタライブ」、3位は「SHOWROOM」、4位は「ツイキャス」、5位には「MixChannel」がランクイン。

高校生ラボ★47は、全国47都道府県で活動するトレンド感度が高い現在女子高生が700名以上、男子高生は300名以上在籍する高校生ネットワーク。今年の高校生のトレンドは、わりと想像の範囲内だった印象ですね。