新型「Powerbeats」発表、最長15時間再生 Apple H1チップを搭載

新型「Powerbeats」発表、最長15時間再生 Apple H1チップを搭載

AppleのBeatsブランドから、新型ワイヤレスイヤホン「Powerbeat」が発表されました。最長15時間の連続再生が可能で、耐汗/防沫仕様、左右のイヤホンが丸型ケーブルでつながれたデザインとなっています。

新型「Powerbeats」発表、価格は14,880円

364_Lifestyle_PowerBeats_Red_02835_R2

AppleのBeatsブランドから新型ワイヤレスイヤホン「Powerbeat」が発表されました。前モデルまでは「Powerbeats3」とナンバリングされていましたが、新型ではナンバリングが消え、もう1つの完全ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」との差別化がされています。

基本スペックとしては「最長15時間の再生」「耐汗/防沫仕様」「イヤーフックに丸型ケーブルをつなげたデザイン」。急速充電「Fast Fuel機能」で、5分間の充電で最長1時間半の再生が可能となります。

364_Lifestyle_PowerBeats_White_00158_R2

左のイヤホンに電源ボタン、右のイヤホンで音量、トラック、通話のコントロールが可能。「Apple H1チップ」を搭載し、「Hey Siri」によるハンズフリーコントロールや、対応デバイスの音声アシスタントが利用できます。

価格は14,800円(税別)。記事公開時点でBeats公式サイトやApple公式サイトでも、販売は開始されていません。

充電はLightning端子、「ノイズキャンセリング」に非対応

Powerbeatsの充電にはLightning端子を使用。そのため「Lightning - USB-A充電ケーブル」が同梱されます。

364_Lifestyle_PowerBeats_White_00909_R2

なおPowerbeatsはノイズキャンセリングには対応していません。カナル型のイヤホンの特徴でもある「パッシブノイズアイソレーション」に対応し、不要なノイズを物理的に遮断。音漏れ防止に役立つとしています。

Powerbeats - Beats by Dre