Apple、遠くのユーザーと「グループで自撮り」できる特許を取得

Apple、遠くのユーザーと「グループで自撮り」できる特許を取得

Appleが、社会的な距離を保ちながらグループでの自撮りを可能にする特許を取得したことが明らかになりました。Appleがこの機能を実現するかは不明ですが、特許の申請日は新柄コロナウイルスが発生する以前であるため、パンデミックを受けて開発されたものではないようです。

友だちと離れていても自撮りできる合成機能、Appleが特許取得

photo-of-smiling-woman-in-yellow-turtleneck-sweater-with-3768915

Appleが、遠く離れたユーザーとの「自撮り」を可能にする特許を取得したことが明らかになりました。

他のユーザーが撮影した写真と合成する機能で、Appleデバイスのユーザーは、他のユーザーを自撮り撮影をするグループに招待し、1つの画像に合成することができるようです。

apple-patebt-socially-distant-group-selfies-1
United States Patent and Trademark Office

自撮りに使われるのは静止画だけでななく、保存されたビデオやライブストリーミングされた画像も合成できる。ユーザーは、オリジナルの自撮り写真とグループで合成したバージョンを保持することができ、グループ自撮り写真内の自分の位置を変更することができます。

apple-patebt-socially-distant-group-selfies-3
United States Patent and Trademark Office
apple-patebt-socially-distant-group-selfies-2
United States Patent and Trademark Office

新柄コロナウイルスのパンデミック以前に申請された特許

遠く離れたユーザーとのグループでの自撮り写真を撮影する機能は、新柄コロナウイルスによるパンデミックを受けてのアイデアのように見えますが、Appleがこの特許を申請したのは2018年とのこと。

Appleがこの特許技術を実装するかは不明。特許が許可されたのは最近になってのことなので、早々に実装されれば利用するユーザーは多そうですね。