富士フィルム「X/GFXシリーズ」をウェブカメラとして利用できるMac版ソフトウェアをリリース

富士フィルム「X/GFXシリーズ」をウェブカメラとして利用できるMac版ソフトウェアをリリース

富士フィルムは7月9日、「X/GFXシリーズ」をウェブカメラとして利用できるソフトウェア「FUJIFILM X Webcam」のmacOS版を公開しました。Windows 10向けとしては5月27日に提供されていました。

macOS版「FUJIFILM X Webcam」がリリース

fujifilm-x-webcam-1.jpg
「FUJIFILM X-T4」

富士フィルムの「X/GFXシリーズ」」、ウェブカメラとして活用できるようになるソフトウェア「FUJIFILM X Webcam」のmacOS版がリリースされています。

「FUJIFILM X Webcam」は5月27日、Windows 10向けに先行して公開されていたソフト。ソフトウェアをMacにインストールし、「X/GFXシリーズ」をUSB接続することで、手軽にZoomなどのオンライン会議でウェブカメラとした利用することができます。

富士フィルム独自の色調表現である「フィルムシュミレーション」も利用可能。手持ちの「X/GFXシリーズ」を簡単に高画質なウェブカメラとして活用できます。

「FUJIFILM X Webcam」対応カメラ、対応OS

対応OS

  • Windows 10
  • macOS 10.15 (Catalina)
  • macOS 10.14 (Mojave)
  • macOS 10.13 (High Sierra)
  • macOS 10.12 (Sierra)

対応カメラ

  • GFX100
  • GFX 50S
  • GFX 50R
  • X-H1
  • X-Pro3
  • X-Pro2
  • X-T4
  • X-T3
  • X-T2
「FUJIFILM X Webcam」をダウンロードする(公式サイト)