「Nintendo Switch」新型を2021年初めに発売か、インタラクティブ性と画質を強化

「Nintendo Switch」新型を2021年初めに発売か、インタラクティブ性と画質を強化

任天堂は「Nintendo Switch」の次世代モデルを、早ければ2021年初めに発表する可能性が伝えられています。台湾の経済日報が報じています。

「Nintendo Switch」次世代モデルは2021年初めか

nintendo-switch.jpg

「Nintendo Switch」の次世代モデルが、早ければ2021年初めに発売される可能性があります。台湾の経済日報が報じました。

次世代モデル登場の噂は以前からいくつかのメディアが伝えています。今年初めには2020年に「Nintendo Switch Pro」が登場する可能性も予測されていましたが、任天堂の古川俊太郎社長は2020年内に新型の発売はないと発言しています。

経済日報によると、Nintendo Switchの次世代モデルは、インタラクティブ性と画質が強化されるとしています。

「Nintendo Switch」本体の生産状況は概ね回復

任天堂が8月6日に発表した2021年3⽉期第1四半期決算は、「Nintendo Switch」の販売急増、「あつまれ どうぶつの森」のヒットなどの恩恵で、四半期純利益は541.3%増の1,064億円となっていました。

新型コロナウイルス感染症の影響で、「Nintendo Switch」本体等の⽣産に必要な部品の調達に⼀部⽀障が出ていましたが、⽣産状況は概ね回復。生産から点灯に並ぶまでのタイムラグや、需要が高い状況が続いていることで、依然として品薄になっている地域もあるとしています。