「iOS 13.7」接触通知システムを追加、日本ではまだ「COCOA」が必要

「iOS 13.7」接触通知システムを追加、日本ではまだ「COCOA」が必要

Appleは9月2日、「iOS 13.7」を公開。新型コロナウイルス接触確認アプリをインストールせずに、接触通知を受け取るシステム(Exposure Notifications Expres)を新たに追加しました。日本では、まだサポートされておらず接触確認アプリ「COCOA」のダウンロードを促されます。

「iOS 13.7」新型コロナ接触通知をOSレベルで組み込み

exposure-notifications-express

Appleが9月2日、「iOS 13.7」をリリースしました。AppleとGoogleが共同で開発している、新型コロナウイルス感染症陽性者との接触を通知する機能が、OSレベルで追加されています。

iOS 13.7で新たに追加されたの「Exposure Notifications Express」(以下、ENE)という仕組み。厚生労働省の接触確認アプリ「COCOA」が利用しているような「Exposure Notifications System」(以下、ENS)を採用したアプリが提供されていなくても、各国の公衆衛生局がサポートすれば、アプリのインストールなしで接触通知を受け取ることができるようになります。

プライバシーやセキュリティについてはENSと同レベルで守られ、AppleやGoogleがユーザーの情報を収集することはありません。

「iOS 13.7」リリースノート

iOS 13.7では、Appをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができます。システムが利用可能かどうかは、お住まいの地域の公衆衛生当局による対応状況によって異なります。このリリースには、iPhoneで発生していたその他のバグの修正も含まれています。

iOS 13 のアップデートについて

Exposure Notifications Expressのサポートドキュメントによると、ENSとENEは共存することができ、公衆衛生局の通知アプリ(COCOAなど)がインストールされていればENSを使い、インストールされていなければENEを使って通知されます。

日本では「COCOA」のインストールが必要

9月2日時点、日本ではENEでの通知には未対応。接触通知を受け取るためには、厚生労働省の接触確認アプリ「COCOA」のインストールが必要になります。

COCOAがインストールされていない状態で、設定アプリから「接触通知」を選択し、機能をオンにしようとすると、「この国/地域には接触通知Appがあります」と表示され、App StoreからCOCOAをダウンロードするよう誘導されます。

あくまで接触通知Appを開発・提供していない国や地域に向け、アプリ開発の負担を軽減するための仕組み。ユーザー目線では、厚生労働省がENEに対応しても、ユーザー自身の手で接触通知をオンにする必要があり、手間はCOCOAのインストールと大差ありません。

厚生労働省は接触確認アプリの通知を受け取ったユーザーは、全額公費負担でPCR検査などを受けられるよう各自治体に通達しているため、素直にCOCOAをインストールしたほうが良さそう。

COCOAのダウンロード数は9月1日17時時点で約1,557万件。陽性登録件数は533件。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ
COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ
カテゴリ
メディカル, ヘルスケア/フィットネス
販売元
Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan